神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2015年2月12日 エリアトップへ

長津田自治連合会 資源回収で福祉支援 回収3団体と協定

社会

公開:2015年2月12日

  • LINE
  • hatena
井上会長(前列中央)と事業者代表ら
井上会長(前列中央)と事業者代表ら

 長津田自治連合会(井上敏正会長)がこのほど、資源回収事業者団体など3団体と、資源回収を赤い羽根共同募金にかえて寄付する「わが家の資源で横浜の福祉を支えようプロジェクト」の協定を結んだ。

 同プロジェクトは市内で資源回収を行う事業者の団体「NPO法人横浜市集団回収推進部会(秋山正宏理事長)」と「横浜市資源リサイクル事業協同組合(高田哲二理事長)」が地域から回収した古紙・古布1トンにつき50円を、「社会福祉法人神奈川県共同募金会(牧内良平会長)」(赤い羽根共同募金)に寄付する仕組み。寄付金は共同募金会を通じ、地域の地区社会福祉協議会などに配分される。資源の有効活用と地域の社会福祉の充実を目的に、緑区のほか青葉区、旭区などで昨年11月から実施している。

 横浜市の調査では家庭から出される可燃ごみ(年間約60トン)のうち、古紙は約10%を占め、年間約6万トンが焼却場で燃やされているという。同組合では来年度以降はこの取り組みを全市に広げていきたい考えだ。

 緑区内の実施地区である長津田自治連合会との調印式は先月28日、長津田地域ケアプラザで行われ、同連合自治会の井上会長のほかNPO法人横浜市集団回収推進部会の木村雅史事務局長(=写真・前列左)、横浜市資源リサイクル事業協同組合の根岸孝昭事務局長(=写真・前列右)が参加し執り行われた。

 井上会長が「これから長津田自治連合会へ皆様の心のこもった善意あるお金が入ってくる。地域の皆様のために使わせていただきたい」と挨拶すると、木村事務局長は「このプロジェクトの根幹であるリサイクルと福祉を繋ぎ合わせる活動が今後活性化し、地域に貢献できればと思う」と話した。
 

時局講演会 日本の国力を強くする

12月17日(日)青葉公会堂 ゲストは経済安全保障大臣 高市早苗

https://mitani-h.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

EV公道充電所を拡充へ

横浜市

EV公道充電所を拡充へ

候補場所に5区10地点

12月7日

瑞宝双光章を区長に報告

中山在住古内敏子さん

瑞宝双光章を区長に報告

行政相談活動の功績に

12月7日

9割が一時金で賄えず

横浜市出産費用

9割が一時金で賄えず

市「必要な支援」検討

11月30日

惜しまれつつ閉会へ

横浜みどり童謡の会

惜しまれつつ閉会へ

緑公会堂で最後の例会

11月30日

神大 4期ぶり2部昇格

関東大学サッカーリーグ戦

神大 4期ぶり2部昇格

竹山団地の住民も声援

11月23日

障害者の投票実態把握へ

横浜市

障害者の投票実態把握へ

要介護の認定者も

11月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook