神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2015年2月12日 エリアトップへ

長津田自治連合会 資源回収で福祉支援 回収3団体と協定

社会

公開:2015年2月12日

  • LINE
  • hatena
井上会長(前列中央)と事業者代表ら
井上会長(前列中央)と事業者代表ら

 長津田自治連合会(井上敏正会長)がこのほど、資源回収事業者団体など3団体と、資源回収を赤い羽根共同募金にかえて寄付する「わが家の資源で横浜の福祉を支えようプロジェクト」の協定を結んだ。

 同プロジェクトは市内で資源回収を行う事業者の団体「NPO法人横浜市集団回収推進部会(秋山正宏理事長)」と「横浜市資源リサイクル事業協同組合(高田哲二理事長)」が地域から回収した古紙・古布1トンにつき50円を、「社会福祉法人神奈川県共同募金会(牧内良平会長)」(赤い羽根共同募金)に寄付する仕組み。寄付金は共同募金会を通じ、地域の地区社会福祉協議会などに配分される。資源の有効活用と地域の社会福祉の充実を目的に、緑区のほか青葉区、旭区などで昨年11月から実施している。

 横浜市の調査では家庭から出される可燃ごみ(年間約60トン)のうち、古紙は約10%を占め、年間約6万トンが焼却場で燃やされているという。同組合では来年度以降はこの取り組みを全市に広げていきたい考えだ。

 緑区内の実施地区である長津田自治連合会との調印式は先月28日、長津田地域ケアプラザで行われ、同連合自治会の井上会長のほかNPO法人横浜市集団回収推進部会の木村雅史事務局長(=写真・前列左)、横浜市資源リサイクル事業協同組合の根岸孝昭事務局長(=写真・前列右)が参加し執り行われた。

 井上会長が「これから長津田自治連合会へ皆様の心のこもった善意あるお金が入ってくる。地域の皆様のために使わせていただきたい」と挨拶すると、木村事務局長は「このプロジェクトの根幹であるリサイクルと福祉を繋ぎ合わせる活動が今後活性化し、地域に貢献できればと思う」と話した。
 

緑区・都筑区の賃貸オーナー様へ

最新の賃貸経営手法をお伝えするセミナー。6月2日㈰緑区中山の会場で開催。申込は下記▼

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd-n3Dv4x9jLXk9pylMM67TpaY1iURH4vqRXQkwBL4VG3O1vw/viewform

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

魅力あふれる街「次世代に」

緑区

魅力あふれる街「次世代に」

24年度の運営方針を発表

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

「浜なしの氷結」を販売

キリンビール

「浜なしの氷結」を販売

規格外を使用し商品化

5月16日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

生理用品提供機器導入へ

鴨居自動車学校

生理用品提供機器導入へ

国内の自動車学校で初

5月9日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

パン工房SORAは創業6周年を迎えました。

国産小麦100%の無添加生地を使用した自然派のパン工房です。

https://www.instagram.com/pankobosora/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook