神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
緑区版 公開:2016年9月15日 エリアトップへ

列島縦断イベント 103歳池田さん 出場へ 認知症理解求め1km走る

文化

公開:2016年9月15日

  • LINE
  • hatena
決意の拳を握る池田さん(中央)
決意の拳を握る池田さん(中央)

 認知症への理解を深めてもらうめに、患者や、支援者らが一つの襷をつなぎながら日本を縦断するイベント「RUN伴TOMO-RROW2016」に、長津田みなみ台在住の池田久雄さん(103)が緑区初の走者として出場することが決まった。

 RUN伴は認知症の理解を深めるための活動を行う「NPO法人認知症フレンドシップクラブ」と「RUN伴2016実行委員会」が主催するイベント。「認知症になっても安心して暮らしていける町づくり」を目標に2011年から開催している。揃いのシャツを身に付け、走者、支援者、応援客が一体となって公道を走ることで、イベントを見た人に認知症への興味と理解を持ってもらうねらい。

 初開催時は北海道内でのみ行われ、171人が参加する規模だったが、年々イベントの認知度も高まっており、今年ついに1万1000人の参加者が日本を縦断する内容となった。

 池田久雄さん(103)は、通っているデイサービス「たのし〜む。十日市場」が出場を検討していることを知り、同所から推薦を受けた際に「自分は認知症を患っていないが、少しでも力になれれば」と出場を決意した。池田さんは「できるだけ長く歩きたい。次の人に襷をつなぐために頑張る」と決意を語っている。

 7月2日には第1走者が北海道の北見をスタートしており、11月26日に沖縄の那覇でゴールするまで、一本の襷を繋いでいく。関東ブロックは9月10日から22日の間に通過予定。池田さんは9月19日に「デイサービスたのし〜む。大和東(大和市大和東3の12の5)」をスタートし大和駅までの約1Kmを担当する。同所スタッフらが伴走・介助を務め、池田さんは自分の足と車いすの補助を併用してゴールを目指していく。

パン工房SORAは創業6周年を迎えました。

国産小麦100%の無添加生地を使用した自然派のパン工房です。

https://www.instagram.com/pankobosora/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

「浜なしの氷結」を販売

キリンビール

「浜なしの氷結」を販売

規格外を使用し商品化

5月16日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月16日

生理用品提供機器導入へ

鴨居自動車学校

生理用品提供機器導入へ

国内の自動車学校で初

5月9日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

先進事例として栄冠

霧が丘ぷらっとほーむ

先進事例として栄冠

かながわ福祉サービス大賞

5月2日

子育てに「ゆとり」創出

山中市長インタビュー

子育てに「ゆとり」創出

直接支援で実感へ

5月2日

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook