緑区版 掲載号:2019年2月7日号
  • LINE
  • hatena

横浜出身音楽アーティスト「サ上とロ吉」 メジャーでも「地元愛」全開

文化

インタビューに応じるサイプレス上野さん。取材は自身が経営に携わる「BAR WHAT’S GOOD」(戸塚区)で行った。
インタビューに応じるサイプレス上野さん。取材は自身が経営に携わる「BAR WHAT’S GOOD」(戸塚区)で行った。
 ドリームハイツ出身の音楽アーティスト「サイプレス上野とロベルト吉野」(サ上とロ吉)。先ごろ、メジャー初フルアルバム「ドリーム銀座」をリリースした。ラップを担当するサイプレス上野さんに、地元への思いを聞いた。

 ラップや打ち込み音楽などが特徴の「ヒップホップ」において全国的に人気を集める「サ上とロ吉(さうえとろよし)」。ラップ担当のサイプレス上野さんとDJ担当のロベルト吉野さんはともにドリームハイツ出身だ。2000年の結成以来、数多くの楽曲を発表し、ファンを楽しませてきた。

 リリースした「ドリーム銀座」は通算6枚目のアルバムであり、一昨年のメジャーデビュー後初のフルアルバムとなった。作品名の由来は、かつてドリームランドに併設していた商店街「ドリーム銀座」。サイプレス上野さんは「子どもの頃はよく母ちゃんに連れられていった。『なんでもある場所』って感じだった」と話す。

ドリームランドのように

 昼は買い物客で賑わった同商店街。夜は「若者のたまり場」という側面を持っていたという。「中学生の頃から通うようになったが、いつ覗いても誰かしら仲間がいた」

 中学3年生の頃、そこに集った仲間と「ドリームラップス」というグループを組んだ。初めて作った曲のタイトルは「52系統」。戸塚駅からドリームランド方面へと向かうバス路線だ。当時から”地元を歌う”という意識が強かった。

 なぜ地元にこだわるのか。そこには「多くの人に愛されたドリームランドのような存在でありたい」という気持ちがある。「ドリームランドでは子どものころからよく遊んだしバイトもした。園内で悪さをして怒られたりもした。でも、閉園するときはボロボロ泣いたことを覚えている」。地元を愛する気持ちが歌詞に込められている。

 メジャーデビューやテレビ番組での活躍など、ますます注目が集まる「サ上とロ吉」。しかしドリームハイツに戻れば、子どものころの姿に戻る。「近所のおばちゃんとは世間話するし、子どもたちは『サ上だ!』と呼び捨て。でもほっとする」と笑う。

 3月から、本作リリース記念の全国11カ所ツアーを行う。いつからか掲げ続けてきた「横浜薬大スタジアムで音楽フェスをする」という夢に向かい歩みを進める。

緑区版のローカルニュース最新6件

「福は〜うち」

「福は〜うち」

2月14日号

冬空の下、春の息吹感じる

四季の森公園

冬空の下、春の息吹感じる

2月14日号

緩やかなスロープを整備

地域交流のきっかけに

岸氏、黒岩氏が出馬表明

県知事選

岸氏、黒岩氏が出馬表明

2月14日号

スポーツフェス盛況

初開催

スポーツフェス盛況

2月14日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青春を再び謳歌

青春を再び謳歌

やすらぎコンサート

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク