緑区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

野球秋季大会 白山高校がベスト8に 「次は神奈川の頂点になる」

スポーツ

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
次を見据える中村主将(左)と尾形監督
次を見据える中村主将(左)と尾形監督

 神奈川県高等学校野球秋季県大会で、区内の白山高校は4回戦で強豪、桐蔭学園高校に敗れ、ベスト8で秋を終えた。

 同校は、2018年の夏の大会で創部以来初のベスト8となった。今年の夏の大会は、初戦で敗退、悔し涙を流した。

テーマは不動心

 どんな状況であっても、ぶれない心を持つ”不動心”をチームのテーマに掲げ、勝ち進んだ今大会。初戦・厚木東戦は、つなぐ野球を実践し、11 -1と大差で勝利。続く2回戦・相模原中等戦も粘り強く点を重ね、5-2で勝利した。

 3回戦・藤沢翔陵戦では、最終回で逆転のランナーを出すピンチがあったものの、一つひとつアウトを重ね、5-3で守りきった。

 4回戦・桐蔭学園戦は、11-10の乱打戦となった。何度かリードを奪ったが、9回裏に逆転負けを許した。同校2年の中村鯨佑主将は「強豪、桐蔭学園相手にここまで戦えたのは、自信になった。だけど、やはり、悔しさが大きい」と唇をかんだ。

 尾形裕昭監督は「試合ごとに成長できた秋季大会だったと思う。ただ、最後は力負けだった」と振り返った。

 だが、次の大会を見据え、中村主将は「とことん、野球に打ち込みたい。神奈川の頂点となることが目標だ」と力を込めた。また、尾形監督も「ここからが勝負だ。勝にこだわりたい」と前を向いた。
 

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク