緑区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

横浜市内障害者施設 コロナで販路減り苦境に 仲介組織が下支え

社会

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
駅構内で自主製品を販売する施設関係者
駅構内で自主製品を販売する施設関係者

 障害者の就労支援の場となっている横浜市内の障害者施設などで作られた自主製品の販路や請負業務が、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い縮小している。こうした中、仲介組織が仕事を発注したい企業・行政と各施設をつなぐ支援に動いている。

 市内には現在約600カ所の障害者施設があり、障害者の社会参加の機会提供として工業製品の検品、清掃などの請負や菓子や工芸品の製造・販売などを行う。この売上げの中から工賃として報酬が支払われる。

 多くの施設では区民まつりや地域の祭りなどで自主製品を出張販売していた。しかし昨年から続くコロナ禍で、多くのイベントや行事が中止に。

 西区の地域活動ホーム「ガッツ・びーと西」では、みなとみらいの企業内でのアロマストーンや消臭剤などの販売が中止。自施設窓口でしか販売できず施設外の売上げがほぼない状態が続く。「商品が売れないと障害者のモチベーションにもかかわる」と担当者。市内最多30以上の施設がある泉区では、施設内での買い物を促すシールラリーを実施するなど工夫を凝らす。

 市は公共施設内での販売機会を提供しているほか、物品調達や業務委託など1000件、3億円以上の業務を優先的に障害者施設へ発注。だが多くの施設で売上げが低迷している状況だ。

マッチングに実績

 こうした中で地道に販路をつないでいるのが、2015年に発足したよこはま障害者共同受注総合センター「わーくる」。横浜市社会福祉協議会が運営し、行政や企業からの発注内容を障害者施設と調整。両者の橋渡しを行う。348の障害者施設が登録しており、行政からは印刷業務、民間企業からは部品の組み立てや食品購入などが多いという。

 昨年度は行政や企業から471件の発注相談があり306件が施設への業務依頼につながった。わーくるの知久達哉事業推進課長は「コロナ禍で従来の販路が止まる厳しい状況から、新たに登録した障害者施設も多く、仕事を得た割合は上がっている。今後も仲介数を増やしたい」と話す。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.masaharu.info/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 社会

避難計画は作成済み

6月24日号

防災スピーカー整備進む

緑区

防災スピーカー整備進む 社会

年度末までに6箇所

6月24日号

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 青葉区で開始

6月24日号

コロナ禍でも活動継続

みほどんぐりの会

コロナ禍でも活動継続 社会

運営は母親主体

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 経済

ひとり親を支援へ

6月17日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter