港北区版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市立中学校 給食せず、「横浜方式」を模索 民間による「弁当昼食」柱に

 横浜の市立中学校(147校)では、学校給食(※)が実施されておらず、生徒たちは主に家庭から持参した弁当を昼食としている。このような状況の中、横浜市は”より望ましい学校昼食”のあり方を検討している。今夏までに、民間業者による弁当昼食を柱にした”横浜方式の昼食”を実践するモデル事業に取り組む方針だ。

 文部科学省の統計調査(平成21年)によると、公立中学校での学校給食実施率(完全給食)は全国平均81・6%。神奈川県は16・1%で、平均を大幅に下回る。中でも横浜市は県内で唯一、ミルク給食を含むすべての給食を行っていない。

 全国的に中学校給食が導入されたのは昭和40年代。しかし、当時の横浜市は「急激な人口増加に伴う仮設校舎の建設に追われ、給食室や給食センターの整備が難しかった」と市教育委員会・健康教育課の担当者は話す。横浜市では、原則として生徒持参の家庭弁当が昼食の基本。持参できない生徒は、民間業者の宅配弁当などを利用している。

 しかし、「お弁当を毎日作るのは大変」など、保護者から給食実施の要望は根強い。一方、市では「給食導入は財政的な問題や空き教室・敷地の確保などの問題もあり、現時点では考えていない」としている。

今夏までにモデル事業

 市は昨年12月、家庭からの弁当持参状況や弁当昼食の課題を見つけるため、教員・生徒・保護者ら約5000人を対象にアンケートを実施した。質問内容は「家庭弁当の課題だと思うこと」「中学生の望ましい昼食のあり方」など多岐に渡る。アンケート結果は今月中にまとめられ、学校昼食全体を把握するための基礎資料として使われる。また、市は”横浜方式の昼食”を実践するため、今夏までに複数のモデル校を選定。「栄養バランスを考えた民間業者による弁当昼食」などのプランが試される予定だ。

 「中学校昼食」のあり方は、県内の他自治体でも見直されている。厚木市(中学校数13)では平成19年度から、完全給食を実施。北部と南部にある2カ所の給食センターで公立小を含む全36校分を作っている。

 横浜市は「(横浜市でのセンター方式による給食導入は)温かい給食の配送など交通状況の問題もある。家庭の弁当を中心としながら、様々なケースに対応できるように、今の横浜に合った”学校昼食”を充実させたい」としている。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

「地域の力、応援します」

港北区

「地域の力、応援します」

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

全国金賞、区長に報告

港北には何が棲む?

ペットとの避難の仕方

「仕事の楽しさ伝えたい」

東横たたみ店

「仕事の楽しさ伝えたい」

2月15日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク