港北区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

カンピロバクター 港北で7年連続発生 区が食中毒に注意喚起

社会

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 夏を前に注意したい食中毒。特に現在、全国的に発生件数が多いのが「カンピロバクター・ジェジュニ」(注)。港北区内でも2007年以来7年連続で発生しており、区としても予防・啓発に力を入れていく方針だ。

 横浜市内全体のカンピロバクターによる食中毒件数が年に5〜7件ほどであるのに対し、区内ではそのうち1〜2件が7年連続で発生しており、区としても歯止めを掛けたい現状だ。今年の4月にもすでに2件発生。1件は飲食店で起き、もう1件の発生場所は不明となっている。

 カンピロバクターの主な原因は飲食店で提供される鶏の刺身や生レバーなど。区は推測として、「人口が市内最多であり、新横浜を始め、綱島、日吉など人が多く集まる駅前を中心に飲食店舗数が多いことが理由として考えられる」と分析。区は、市内の食中毒予防・対策事業を定める食品衛生監視指導計画をもとに、過去食肉を生で提供していた飲食店には引き続き提供していないことの確認を、一般の食肉販売店や飲食店には十分な加熱や汚染の防止を指導しているという。

 一般消費者へもチラシやキャンペーンなどを通じて、生肉を食べることの危険性を啓発。「家庭での十分な加熱はもちろん、飲食店で生肉を出してほしいと要求することも止めてもらうように呼び掛けている」と区は話す。

増殖防ぐ保管を

 高温多湿な夏場はカンピロバクター以外にも、大腸菌やぶどう球菌などの食中毒も増えてくる季節。区は、外出先での弁当や、バーベキューなどでの食材の保管方法などに注意し、菌の増殖を防ぐことが必要と注意喚起をする。

 港北区医師会の内藤英二会長によると「十分な加熱処理をするほか、食肉に触れた調理器具は、使用後洗浄・殺菌して、手指の洗浄を徹底することが感染しないために重要」と話す。

港北区版のトップニュース最新6

丹精込めた花々の祭典

港北オープンガーデン

丹精込めた花々の祭典 社会

12日から 114会場で

4月8日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 教育

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

関東舞台に県中学一位

大綱中合唱部

関東舞台に県中学一位 教育

アンサンブルコンテスト

4月1日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

4月1日号

コロナ禍の芸術家を支援

横浜市

コロナ禍の芸術家を支援 文化

活動経費などに助成金

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク