港北区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

新横浜公園 20年以上続く整備終了へ 市民からの意見を公募

社会

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena
利用開始を待つ球技場
利用開始を待つ球技場

 日産スタジアムを要する市内最大の運動公園である新横浜公園。1994年1月から始まった同公園の整備が、この3月のサッカー専用球技場工事終了で概ね完成を迎える。また、現在利用期間などの意見を市民から受け付けている。

 新横浜公園(小机町3300)は、建設省(=現・国交省)が1984年に事業着手した「鶴見川多目的遊水地整備事業」に、横浜市が共同事業者として「横浜総合運動公園整備事業」に参画しスタート。93年に都市計画決定された面積は70・4haで、94年1月の現・日産スタジアム整備から建設が始まり周辺施設整備が次々に行われてきた。

天然芝のグラウンド

 3月末には「球技場」の工事が終了し、今年4月の利用開始を予定している。球技場は市内で数少ない「横浜市市民利用施設予約システム」で予約可能となる天然芝のグラウンドで、面積は10156平方メートル。この工事完了で公園内全体の施設面積は55・2haとなる。球技場の利用が始まると、約21年続いた整備が概ね終了となり、横浜市の担当者は「15年度中に、残っている自然再生エリアの工事を行うと完了となる」としている。

 市は現在、球技場についての意見を市民か募集している。現在の案としては【1】供用期間(1月から12月まで)【2】休場日(年末年始期間)【3】開場時間(午前9時から午後5時まで)。意見公募要領は、市庁舎1階のほかにも各区役所で入手が可能で2月9日(月)必着(郵送の場合は当日の消印有効)となる。

草地広場など無料施設も

 同公園の中核を担う日産スタジアムは、93年に「2002FIFAワールドカップ」の国内開催候補地決定を受け、翌年の1月に着工し、97年10月に竣工。ドイツ対ブラジルの対戦となったW杯決勝も行われた。

 その後は、05年に「投てき練習場」、06年に「野球場」「第1運動広場」、08年「テニスコート」、11年「第2運動広場」などが整備されてきたほか、「日産ウォーターパーク」「インラインスケート広場」「スケボー広場」などがあり、「壁打ちテニスコート」や「草地広場」は無料で利用が可能だ。

 また、鶴見川流域総合治水対策の1つである鶴見川多目的遊水地を兼ねており、これまでに15回流入。14年10月には、台風18号により過去最大級となる約154万㎥の洪水調整が行われている。

 意見募集に関する問い合わせは、市環境創造局公園緑地管理課【電話】045・671・2643まで。
 

港北区版のトップニュース最新6

「たるちゃん文庫」開設

樽町地域ケアプラザ

「たるちゃん文庫」開設 文化

本で地域の輪をつなぐ

5月26日号

見える化で事故ゼロへ

見える化で事故ゼロへ 社会

区内企業が日本郵便と連携

5月26日号

"輝く女性"の日本一に

下田町在住藤江さん

"輝く女性"の日本一に 文化

美を競うコンテストで3冠

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

国土交通大臣表彰に選出

篠原町「花と緑の会」

国土交通大臣表彰に選出 コミュニティ社会

「みどりの愛護」功労者で

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook