港北区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

築60年の日本家屋をアトリエにして運営する 吉田 秀明さん 大豆戸町在住 66歳

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

亡き夫婦の”形見”伝え残す

 ○…区内でも屈指の交通量となる大豆戸交差点のほど近く。車両の喧騒が嘘のように耳に入らない一角に、築・約60年にもなる平屋建ての日本家屋がひっそりと佇む。1年前、ここを「アトリエ季布(きふ)」としてオープンさせた。「今では少なくなった昭和30年前半の家屋の美しさ、機能性を広く知って欲しくて始めました」と柔和な笑顔。庭も充実しており、区の「港北オープンガーデン」の1つにも選ばれている。

 ○…この家は隣家に住んでいた夫婦が建てたもので、先に夫人が、今から数年前に主人が亡くなり、一旦空き家になっていた。「私たちは裏に住んでいて、家族ぐるみのお付き合いがあり、ご夫婦が家屋をとても大切していたのを知っていました。そこでご遺族から譲り受けたんです」。アトリエにしたのは、妻の清子さんが着物を洋服にリフォームする趣味があり、ここを活用したいとの提案から。昨年は2回、展示会を開催した。屋内には真空管のレコードプレーヤー、木目調のラジオ、卓袱台といった”昭和の風景”が色濃く残されている。「『懐かしい。実家に帰ってきたみたい』との声をもらいます」

 ○…大豆戸町で生まれ育った。当時は一面、山と田んぼだった。「泥だらけになって遊びました」。工作機械を製造・販売する会社に勤務し、定年する10年ほど前に退社、自宅近くで学習塾を経営していた経歴も。家は百年に渡りこの地域に住んでおり、地元への愛着は人一倍強い。「良き伝統を伝えていきたい思いはあります」。淡々としながらも熱意がにじみ出る。

 ○…「お二人が縁側に座って笑顔を見せてくれている気がします」。存命中の夫婦は近所づきあいを大切にしており、人の来訪を喜んでいたという。「催し物の場として貸し出しも考えています。皆さんに楽しんでもらえるようにしたい」。地域のコニュニケーションを深める場としての役割に期待が集まる。
 

港北区版の人物風土記最新6

村野 明子さん

4月に開店したレストラン「SundayMondayKitchen」オーナーシェフの

村野 明子さん

新横浜在住 55歳

6月23日号

江島 大佑さん

パラメダリストで朝日スポーツクラブBIG-S綱島で指導を行うプロスイマー

江島 大佑さん

樽町在住 36歳

6月16日号

渡辺 祥広さん

5月27日―29日、新羽町でスカッシュの国際大会を開催した

渡辺 祥広さん

泉区在住 52歳

6月9日号

渡邉 啓(さとし)さん

発足10周年を迎えた、港北ボランティアガイドの会の代表を務める

渡邉 啓(さとし)さん

綱島上町在住 80歳

6月2日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区山手町在住 60歳

5月26日号

伊藤 健太さん

綱島消防出張所長として積極的に地域と連携した取組みを行う

伊藤 健太さん

鶴見区在住 42歳

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook