港北区版 掲載号:2015年8月20日号 エリアトップへ

"涼の分かち合い(クールシェア)"広がる 区内にスポット多数

社会

掲載号:2015年8月20日号

  • LINE
  • hatena
クールシェアスポットの目印を持つ村田館長
クールシェアスポットの目印を持つ村田館長

 記録的な猛暑が続くなか、横浜市を含む九都県市で公共施設などの涼しい場所で日中を過ごし、節電や熱中症対策につなげる「クールシェア」が7月から始まっている。港北区でも市の呼びかけに応じ、地区センターやケアプラザ、デパート、銭湯などが参加し、暑さを凌ぐ取組がされている。

 クールシェアとは東日本大震災後の電力不足への取り組みとして2011年より始まった考え方。夏の日中で家庭の消費電力の過半数を占めるエアコンを、一人一台使用するのではなく、みんなでシェアできる涼しい場所を設置し、節電につなげようと環境省が12年から進めている。今年は横浜市を含む九都県市(東京都、埼玉、千葉、神奈川各県、川崎、千葉、さいたま、相模原各市)が新たに参加し、推進活動を行っている。港北区でも6カ所の地区センターや9カ所のケアプラザ、コミュニティハウス、図書館のほか、デパートや銭湯などが名を連ねる。

 クールシェアのスポットの1つである菊名地区センター(村田成久館長)では、夏休みということもあり、連日親子連れや学生、高齢者など多くの人が集まっているが、周知はまだされていないようだ。

 大学の受験勉強をしていた兵頭功さんは「ここがクールシェアスポットとは知らなかったが、友達と一緒に勉強できる場を探してきた。涼しくて家より集中できる」と話していた。

 菊名地区センターなど区内9施設を管理する(一財)こうほく区民施設協会は「このような取組を広く知ってもらい、地域住民の交流の場になれば嬉しい。お出かけ中などでも気軽に立ち寄ってもらい、熱中症の予防にもなれば」としている。

 クールシェアスポットはウェブサイト(【URL】http://funtoshare.env.go.jp/coolbiz/coolshare.html)でも検索できる。取り組みは9月30日まで行っている。

搬送者急増

 7月の中旬から8月上中旬まで、環境省が熱中症になる危険性が非常に高いとする気温が31度以上に達する日が港北区でも続いていた。

 区内では、5月1日から8月6日までに64人(昨年比19人増)が熱中症で搬送された。このうち、屋外が49人、室内が15人となっている。屋外では、散歩中、畑仕事や部活中など、活発に動く中での事例が多い。一方で室内では過半数が高齢者となっており、「蒸し暑い室内に一人でいて、歩行困難になった」などのほかにも、横になっているだけでも症状を訴えるケースが報告されている。

 港北消防署は「室内でお年寄りは特に暑さを感じにくく、気が付かないうちに熱中症になることが多い。節電も大切だが、適切な冷房の使用とこまめな水分補給で熱中症を防いでほしい」と呼びかけている。
 

港北区版のトップニュース最新6

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

ひとり親家庭の力に

綱島の飲食店

ひとり親家庭の力に 社会

弁当を無償提供

6月4日号

町に彩りと元気を

高田町市民団体

町に彩りと元気を 社会

ひまわり約500本を植苗

5月28日号

コロナ対策などに力点

港北区

コロナ対策などに力点 社会

2020年度運営方針

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク