港北区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

小机駅前の生花店代表でフラワーデザイン競技会・全国大会への出場を決めた 飯島 俊秀さん 緑区在住 36歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

「伝承」胸に腕を磨き続ける

 ○…花を各々の感覚で束ねたり、形作ったりするフラワーデザイン。17日にみなとみらいで開かれた”花に携わる人にとっての甲子園”とも言われる「花キューピット フラワーデザイン競技会」で好結果を残した。事前制作し、持ち込まれた11作品からまず6作品が選ばれ、さらにその競技者が公開の場でブーケとテーブルアレンジメントを制作、上位3人が来年2月開催の全国大会に駒を進めた。「予選通過はもちろん、セミファイナルでの2位は嬉しかった」と満面の笑顔になる。

 ○…小机駅前で三代にわたり続く「飯島生花店」の代表。フラワーアレンジメントへの道は、高校卒業後専門学校に入校したのが始まり。「子どもの頃から父親の背中を見ていたので自然とです」。フラワーアレンジで良質な作品を生み出すのに大切なのは、資質と経験が半分ずつという。「他人と違う発想ができるかが鍵。『どこかで見たなぁ』は今一歩」と厳しい。今大会の事前提出作品のテーマは「伝承」とし、高さ2mにもなる、ツルウメモドキが垂れかかるデザインを施した。「親から子へ、子から孫へを表現した」。自身の姿を重ね合せる作品だ。

 ○…小机生まれの小机育ち。恰好の遊び場だった城址市民の森を走り回る活発な少年時代を過ごした。現在は妻と子ども3人の5人家族。「仕事に熱中し、家族サービスができないことが悩み」と頭をかく。しかし、大会には子ども達が応援に訪れてくれる。「いずれ長男には後を継いで欲しい」と親心を垣間見せる。

 ○…父親の下で生花業のイロハを習得した修行時代、厳しい指導のなかで特に学んだのは仕入れ時の花の選別方法だ。「生きの良い花を選ぶ目を養ってもらった」。代替わりをしてから始めたインターネットを駆使した祝い品のスタンド花は、成長基調に乗っている。「花は特別な日に贈る素晴らしいもの。お客さんの笑顔が見られるよう、頑張りたい」と力を込めた。
 

港北区版の人物風土記最新6

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

片山 繁樹さん

港北区歯科医師会の会長を務める

片山 繁樹さん

都筑区大丸在住 62歳

8月22日号

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

155回目の歌う会

155回目の歌う会

9月17日、港北公会堂

9月17日~9月17日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク