港北区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

区内NPO法人 岸根町に子育て支援施設 2月中にオープン予定

教育

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena
ぽっけ内部とスタッフ
ぽっけ内部とスタッフ

 岸根町に親と子のつどいの広場「ぽっけ」が開設される。市内最多の未就学児人口を持つ港北区だけに、新たな子育て支援施設に利用者からの期待が寄せられそうだ。オープンは2月中を予定。

 「ぽっけ」を運営するのは、NPO法人横浜子育て支援グループぽっけ(渡邉歌子理事長)。2008年に立ち上がった同法人はこれまで、篠原地域ケアプラザや妙蓮寺の朝日新聞販売店2階のフロアを会場に、育児中の保護者向けの相談会などを開催する活動を続けてきた。

 そんな中、渡邉理事長は、区内全体でも特に、岸根方面で子育て支援施設が手薄な状況を知り、昨秋、市が進める「親と子のつどいの広場事業」の公募に手を挙げた。市側は「ぽっけ」と同様の現状認識を持つ区の意向を受け、募集対象地域として岸根町、鳥山町、横浜上麻生線の岸根交差点から徒歩15分圏内の「広場」開設を希望。これらを踏まえた形で選定した。

「第二の実家」として

 「ぽっけ」(岸根町408の123)は、市営地下鉄ブルーラインの岸根公園駅から徒歩1分、小児科の上階という好立地にあり、面積は40平方メートル、親子10人ほどが入れる。幼稚園・保育士免許などを持つ2人が常駐し、子育て全般の相談を受け付け。利用者のニーズに合わせて離乳食の作り方などの講座も開く予定だ。渡邉理事長は「『第二の実家』と思ってもらえるように信頼関係を結んでいきたい」と話している。開設日時は、月・水・木・土の午前10時〜午後4時。利用料は、1家族1回100円、講座参加費1回200円(問合せ【電話】045・642・4809)。

 区内に「広場」は、篠原北(びーのびーの)、高田西(たかたんのおうち)、樽町(ひだまり)、日吉本町(こんぺいとう)がある。

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook