港北区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

アイリッシュハープ奏者・講師で、研究、製作も行う 寺本 圭佑さん 下田町在住 36歳

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena

古来の音色 多くの人に

 ○…アイルランドの国の紋章になっている楽器「アイリッシュハープ」。小さめの形態で軽く、繊細な音が特長だ。中でも現在ではあまり普及していない、金属弦が張られた古来のタイプを研究しつつ、演奏活動をしたり、ワークショップを開いて弾き方などを教えたりしている。さらには楽器の数が少ないため、自身で製作までしている。今まで作った数は50台以上。「1本の木から削って作っていきます。作り方の資料はなく、試行錯誤して見よう見まねで続けてきました」

 ○…京都に住んでいた中学生の時、街中でアイリッシュハープを弾く男性演奏者に出会ったことが始まり。「そのささやくような音色と見た目のカッコよさに一瞬にして引き込まれました」。その演奏者のもとで習い始め、練習時間を確保するために高校を中退してしまうほどのめり込んだ。さらに音楽学を学び、より知識を深めるため、明治学院大学芸術学科に進学。その中で夢中になって研究したのは古来金属製のアイリッシュハープ。19世紀に一旦消滅したこの楽器の音色や歴史に取りつかれていった。「演奏方法も独自に学びました。未知の部分を想像することが面白かった」と力を込める。

 ○…日本画家の妻と猫の「シナモン」との3人暮らし。お手製のアイリッシュハープには妻の絵が施されている。酒を飲むのが好きで、最近では日吉のアイリッシュパブでアイルランド音楽を聴きながら嗜む。自身のコンサートを開くこともあるといい「他に趣味はありません」と笑うほど公私ともにアイリッシュハープ漬けの日々だ。

 ○…ここまで真剣に取り組む理由は「いまだはっきりしていない用語や歴史を調べて多くの人に伝えたい」という思いから。そのため最近は指導することも重視しており、今後全国でワークショップを開いていく考え。「そしていつか家庭で普通に楽しめる楽器になって欲しい」と微笑む。

港北区版の人物風土記最新6

中島 正守さん

2019こうほく梅の写真コンテストで最優秀賞に選出された

中島 正守さん

大豆戸町在住 83歳

9月19日号

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

片山 繁樹さん

港北区歯科医師会の会長を務める

片山 繁樹さん

都筑区大丸在住 62歳

8月22日号

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 限界を決めず、その先へ

    港北区企業レポート【2】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

    限界を決めず、その先へ

    東京プロト株式会社

    9月19日号

  • 絶えず新しいものを

    港北区企業レポート【1】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。

    絶えず新しいものを

    トーレック株式会社

    9月5日号

  • 英王者と熱戦を展開

    英王者と熱戦を展開

    飯倉選手がラストマッチ

    8月1日号

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク