港北区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

アイリッシュハープ奏者・講師で、研究、製作も行う 寺本 圭佑さん 下田町在住 36歳

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena

古来の音色 多くの人に

 ○…アイルランドの国の紋章になっている楽器「アイリッシュハープ」。小さめの形態で軽く、繊細な音が特長だ。中でも現在ではあまり普及していない、金属弦が張られた古来のタイプを研究しつつ、演奏活動をしたり、ワークショップを開いて弾き方などを教えたりしている。さらには楽器の数が少ないため、自身で製作までしている。今まで作った数は50台以上。「1本の木から削って作っていきます。作り方の資料はなく、試行錯誤して見よう見まねで続けてきました」

 ○…京都に住んでいた中学生の時、街中でアイリッシュハープを弾く男性演奏者に出会ったことが始まり。「そのささやくような音色と見た目のカッコよさに一瞬にして引き込まれました」。その演奏者のもとで習い始め、練習時間を確保するために高校を中退してしまうほどのめり込んだ。さらに音楽学を学び、より知識を深めるため、明治学院大学芸術学科に進学。その中で夢中になって研究したのは古来金属製のアイリッシュハープ。19世紀に一旦消滅したこの楽器の音色や歴史に取りつかれていった。「演奏方法も独自に学びました。未知の部分を想像することが面白かった」と力を込める。

 ○…日本画家の妻と猫の「シナモン」との3人暮らし。お手製のアイリッシュハープには妻の絵が施されている。酒を飲むのが好きで、最近では日吉のアイリッシュパブでアイルランド音楽を聴きながら嗜む。自身のコンサートを開くこともあるといい「他に趣味はありません」と笑うほど公私ともにアイリッシュハープ漬けの日々だ。

 ○…ここまで真剣に取り組む理由は「いまだはっきりしていない用語や歴史を調べて多くの人に伝えたい」という思いから。そのため最近は指導することも重視しており、今後全国でワークショップを開いていく考え。「そしていつか家庭で普通に楽しめる楽器になって欲しい」と微笑む。

港北区版の人物風土記最新6

横溝 あけみさん

港北区更生保護女性会の会長を務める

横溝 あけみさん

新吉田東在住 69歳

6月17日号

葛谷 舞子さん

障がい児親子の写真展を企画し、FMヨコハマに出演予定のカメラマン

葛谷 舞子さん

日吉在住 44歳

6月10日号

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

横浜市在住 30歳

6月3日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月27日号

永井 温子さん

15日に開催された「第1回 妙蓮寺 本の市」の発案者である

永井 温子さん

瀬谷区在住 29歳

5月20日号

田村 淳一さん

港北警察署の署長に着任した

田村 淳一さん

港北区在住 58歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter