港北区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

国交相表彰を受賞した高田の丘美化活動推進連絡会の会長を務める 古田 邦夫さん 高田町在住 75歳

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena

夢尽きぬ 現役のままで

 ○…「環境は維持するものではなく作るもの」――。街の清掃、花壇の整備を始めて早16年。今もなお高田町の彩りを守り続けている。ゴミであふれる我がまちを目の前にして「何が何でもキレイにする」と燃える正義感を胸に駆け抜けてきた。ツツジが役目を終えようとしている現在は、黙々と剪定中。

 ○…岐阜の山奥で油絵を嗜んでいたのは中学生のころ。高校で上京すると、広告デザインへの興味がむくむくと湧いて出た。「真新しい商品が次々と発売された当初、その広告を作りたいという思いが膨らんで行った」。画家の描くイラストで広告を作成していた時代。「これからは写真が主流になる」と先を読んで、週刊誌やレコードジャケットの写真レイアウトを仕事に。40歳になると独立し、六本木の事務所で多くの作品を世に送り出していった。ハワイの親善大使に任命され、カウアイ島でTV番組制作も受け持った。

 ○…まちの先生として地元の中学校などで英語を教えることも。そこで用いるのは独自のメソッド「漢字nglish」。英単語と漢字の意味を照らし合わせながら「暗記せずに」身に付けていくという。ハワイの仕事をしていた頃、漢和・英和辞典を片っ端から読み進めながら開発したとか。「いつかこのメソッドを本にして、世に広めていくのが夢」と未来航路図の構想は尽きない。

 ○…20代の頃から趣味のヨットに乗り続けている。「水平線のその先の、見えないものを想像するのが楽しい」。スタミナをつけるため、毎朝4、5キロのウォーキングも欠かせない。そうして鍛え上げられていく挑戦心と忍耐力が元気の源。「やりたいことがたくさん。だからまだまだ現役でいたいね」。そう語る瞳は少年のように輝いている。

港北区版の人物風土記最新6

久米 真浩さん

横浜市幼稚園協会港北支部長を務める

久米 真浩さん

小机町在住 56歳

9月12日号

横溝 正久さん

フランスの写真展で、撮影した作品が展示される

横溝 正久さん

新吉田町在住 66歳

9月5日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月29日号

片山 繁樹さん

港北区歯科医師会の会長を務める

片山 繁樹さん

都筑区大丸在住 62歳

8月22日号

鈴木 悦朗さん

(一社)横浜市港北区医師会の会長に就任した

鈴木 悦朗さん

大豆戸町出身 64歳

8月15日号

横溝 由綿子さん

第24期 よこはま・ゆめ・ファーマーに認定された

横溝 由綿子さん

新吉田町在住 55歳

8月8日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク