港北区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

横浜マリノス株式会社 文科大臣表彰を受賞 「すべての人にスポーツを」

教育

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
横浜こどもスポーツふれあいDAYの様子
横浜こどもスポーツふれあいDAYの様子

 横浜マリノス株式会社はこれまでの障がい者スポーツへの取組みによって文部科学大臣表彰に選ばれ、12月4日に表彰される。障がいのある児童生徒が気軽にスポーツを楽しめる環境づくりを進める同社。担当者は「参加者からも好評。引き続きこのような取組みを継続していきたい」と話している。

 文部科学省では、昨年度から障がい者の生涯を通じた多様な学習を支える活動を行う個人または団体について表彰を行っている。横浜市教育委員会からの推薦を受け、今年度市内から初めて2団体の受賞が決まり、港北区からは、横浜マリノス株式会社が選ばれた。なお今回同社が表彰に至った理由は、主に3つの事業への取組み。

 一つ目は2015年から継続している「横浜こどもスポーツふれあいDAY」。これは「横浜こどもスポーツ基金」を活用した事業で、市立小中学校の個別支援学級、市立特別支援学校に通う障がいのある児童生徒らをサッカー観戦に招待するというもの。それに加え18年度は、初めて試合前にサッカー教室も実施。ボランティアとして、(一社)横浜すぱいすのメンバーや区内中学校のサッカー部員らにも協力を仰ぎ、障がい児らにサッカーを体験してもらったという。

 二つ目は、09年から継続する市立特別支援学校へのマリノス試合観戦チケット寄贈。

 三つ目は、02年度から横浜ラポールを会場に開催している、横浜F・マリノスカップ「電動車椅子サッカー大会」。同大会でも、ボランティアとして区内中学校のサッカー部が協力している。

 同社ふれあい事業部の担当者は、「障がいのある子にも、もっと身近にスポーツを感じて欲しいと始めた事業。今回の受賞は、他団体や地元中学校などの協力もあってのこと」と感謝の言葉を述べた。

港北区版のトップニュース最新6

「とも・とも篠原」活動広がる

障がい児支援

「とも・とも篠原」活動広がる 社会

今年度は小4も対象に

5月23日号

次世代ラーメン店の星に

次世代ラーメン店の星に 経済

優勝の味を商品化

5月23日号

慶應高、4年ぶり4度目V

軟式野球県春季大会

慶應高、4年ぶり4度目V スポーツ

2年生投手の継投で頂点

5月16日号

令和の幕開けを祝福

小机城址まつり

令和の幕開けを祝福 社会

5月開催、実行委も準備に熱

5月16日号

「令和」に平和の願い込め

大倉山「青柳」

「令和」に平和の願い込め 社会

兄弟で饅頭づくり

5月1日号

「夢や希望、区民と共有」

港北区制80周年

「夢や希望、区民と共有」 社会

年間通じ、関連事業

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 減災対策に全力で

    「市政」噛みくだき 85市政報告

    減災対策に全力で

    横浜市会議員 望月やすひろ

    5月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク