港北区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

大倉山「青柳」 「令和」に平和の願い込め 兄弟で饅頭づくり

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
「令和饅頭」づくりに精を出す田辺義明さん(左)、亮二さん兄弟
「令和饅頭」づくりに精を出す田辺義明さん(左)、亮二さん兄弟

 「令和」の訪れを目前に、地域への感謝と平和への願いを込めて――。大倉山駅前の老舗和菓子店の田辺兄弟は4月23日、5月1日に向け、「令和饅頭」づくりに励んでいた。この日の目標製造数は1000個。蒸したての饅頭に、2人は「つやがいい。最高の出来」と太鼓判を押していた。

 御菓子司 大倉山青柳(【電話】045・531・0407/大倉山1の2の8)は1951年、大倉山駅前に開業した老舗。ともに大倉山で生まれ育った田辺義明専務(49)・亮二工場長(47)兄弟が中心となって店を切り盛りしている。

 顧客からの要望をきっかけに、「皆さんと喜びを共有できる和菓子を」との思いで製造する「令和饅頭」。餡に使用するのは北海道産の十勝あずき。もっちりとした食感の生地で包んで蒸した後、温度が下がる頃合いをみて「令和」の焼き印を押す。

 「伝統、時代の流れを大切に、これからも地域への感謝を忘れずに。そして令和の時代は、より暮らしやすい世の中になれば」と義明さんが口にすれば、亮二さんは「美味しいものを提供し続けたい」と職人気質の一言。

 5月1日、同店で500円以上購入すると「令和饅頭」1個進呈。1日から、3個入りで販売も行われる。ともに数がなくなり次第終了。

港北区版のトップニュース最新6

「とも・とも篠原」活動広がる

障がい児支援

「とも・とも篠原」活動広がる 社会

今年度は小4も対象に

5月23日号

次世代ラーメン店の星に

次世代ラーメン店の星に 経済

優勝の味を商品化

5月23日号

慶應高、4年ぶり4度目V

軟式野球県春季大会

慶應高、4年ぶり4度目V スポーツ

2年生投手の継投で頂点

5月16日号

令和の幕開けを祝福

小机城址まつり

令和の幕開けを祝福 社会

5月開催、実行委も準備に熱

5月16日号

「夢や希望、区民と共有」

港北区制80周年

「夢や希望、区民と共有」 社会

年間通じ、関連事業

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 減災対策に全力で

    「市政」噛みくだき 85市政報告

    減災対策に全力で

    横浜市会議員 望月やすひろ

    5月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク