港北区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

軟式野球県春季大会 慶應高、4年ぶり4度目V 2年生投手の継投で頂点

スポーツ

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
大会を制した同校野球部の選手たち
大会を制した同校野球部の選手たち

 神奈川県高等学校軟式野球春季大会の再試合となった決勝戦が5月8日に行われ、慶應義塾が横浜創学館を3対2で破り、同大会4年ぶり4度目の優勝を果たした。2人の2年生投手による継投策が奏功し、関東大会に駒を進めた。

 エースが怪我のため代打のみの出場となる中、同校野球部は初戦の横浜清風を1対0で下すと、藤嶺藤沢に5対2、三浦学苑に2対0と、チーム一丸となって勝利を重ねていった。

 迎えた決勝の横浜創学館戦。5月6日に行われた試合は0対0の延長15回で引き分け、規定により再試合となった。選手のケアのため、「よく食べて寝て、しっかり次の試合をしよう」と呼びかけた福田修也監督。翌日は軽めの練習を指示したが、選手たちは自主練習を続けたという。終わってみれば再試合を含む全5試合とも2人の2年生投手による継投。福田監督は「よく頑張った」と称えた。

 全試合で安打を放ち、決勝でもタイムリーを記録した小川直央選手(3年)は「(自身)初の関東大会。楽しんで良い結果を」。主将の廣田俊明さん(3年)は「守備、打撃などの課題を克服していきたい」と、ともに関東大会を見据えた。

 関東大会の初戦は5月25日午前10時〜、城北(東京代表)戦。稲城中央公園野球場。

港北区版のトップニュース最新6

「とも・とも篠原」活動広がる

障がい児支援

「とも・とも篠原」活動広がる 社会

今年度は小4も対象に

5月23日号

次世代ラーメン店の星に

次世代ラーメン店の星に 経済

優勝の味を商品化

5月23日号

令和の幕開けを祝福

小机城址まつり

令和の幕開けを祝福 社会

5月開催、実行委も準備に熱

5月16日号

「令和」に平和の願い込め

大倉山「青柳」

「令和」に平和の願い込め 社会

兄弟で饅頭づくり

5月1日号

「夢や希望、区民と共有」

港北区制80周年

「夢や希望、区民と共有」 社会

年間通じ、関連事業

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 減災対策に全力で

    「市政」噛みくだき 85市政報告

    減災対策に全力で

    横浜市会議員 望月やすひろ

    5月23日号

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク