港北区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

港北高校放送部 夢のNHKホールへ 2年生3人が全国に駒

教育

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
全国大会に出場する(前列左から)池田さん・岩崎さん・藤代さんと放送部のメンバー
全国大会に出場する(前列左から)池田さん・岩崎さん・藤代さんと放送部のメンバー

 6月に行われた第66回NHK杯全国高校放送コンテストの神奈川県大会で、港北高校放送部(生田久志顧問)の2年生3人が県の推薦枠を獲得。7月22日からNHKホールで開催される全国大会に出場する。

 同コンテストでは、高校生が日頃の校内放送活動の成果を6部門で競う。

 全国大会に出場するのは、県大会「アナウンス部門」1位の岩崎由季乃(ゆきの)さんと同部門2位の池田倫奈(りんな)さん、「朗読部門」6位の藤代郁乃(あやの)さん。それぞれ85人、152人から選ばれた。

「仲間であり、ライバル」

 「アナウンス部門」は校内放送で使用できる自作の内容を1分30秒以内で読み上げる。内容を高く評価された岩崎さんは、ヘアドネーション(髪の毛の寄付)をした友達を題材に選んだ。「まさか全国に行けるとは。声を作り直して臨みたい」と意気込んだ。読みを高く評価された池田さん。元自衛官の指導者から学んだことを題材にした。姉に憧れて放送部に入部。「このチャンスを大切にしたい」と語った。「朗読部門」は指定作品の中から1編を選び2分以内で朗読する。「羊と鋼の森」を選び、楽しそうに読む姿を評価された藤代さん。「準決勝には残りたい」と力を込めた。

 朝と放課後は発声を中心に練習。アドバイスし合いながら切磋琢磨している。惜しくも出場を逃した平原さんは「一緒に練習をしてきた。頑張ってほしい」と仲間にエールを送った。

 5年連続で生徒を全国大会に送る生田教諭。「努力は報われると知ってほしかった」と、3人を激励した。「笑顔でアナウンス」が部訓。NHKホールで輝く笑顔に期待だ。

港北区版のトップニュース最新6

慶大、3季ぶりⅤ

東京六大学野球

慶大、3季ぶりⅤ スポーツ

郡司主将、三冠王

11月14日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

詐欺防止へ警察署に協力

港北高校放送部

詐欺防止へ警察署に協力 社会

「騙されないで」と呼びかけ

11月7日号

44日間の熱闘、港北で幕

ラグビーW杯(ワールドカップ)

44日間の熱闘、港北で幕 スポーツ

機運の高まりに、街づくり

11月7日号

武蔵山の生涯知る

日吉出身の第33代横綱

武蔵山の生涯知る 文化

没後50年で資料展

10月31日号

専門家が歴史紐解く

小机城

専門家が歴史紐解く 社会

トークショーに約80人

10月31日号

文化祭でアフリカPR

篠原中

文化祭でアフリカPR 社会

生徒のスピーチきっかけ

10月24日号

保育士募集

横浜市松見保育園の嘱託職員。アルバイトさんも募集中です。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/madoguchi-shisetsu/kuyakusho/gyomuannai/20181129082405950.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク