港北区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

港北高校放送部 詐欺防止へ警察署に協力 「騙されないで」と呼びかけ

社会

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
「詐欺に騙されちゃダメ」とポーズをとる左から茂木さん、池田さん、藤代さん
「詐欺に騙されちゃダメ」とポーズをとる左から茂木さん、池田さん、藤代さん

 港北高校放送部(生田久志顧問)は、港北警察署の要請を受け、港北区内で急増する詐欺の防止を訴えるために同署が流す電話保留音の録音に臨んだ。参加した茂木愛里さん(3年)は、「私たちの声で詐欺に騙される人が減れば嬉しい」と話した。

 港北警察署の発表によると、今年の管内での特殊詐欺の発生件数は54件、被害総額は9500万円(10月28日現在)。ここ1カ月で急増している。県下では2200件、39億1300万円。

 特殊詐欺とは、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、還付金詐欺を指す。最近急増する手口は、警察や家電量販店店主を装い「キャッシュカードの情報が漏れている、再発行するために暗証番号を教えて」等と語るもの。「どんな立場であっても暗証番号を聞き出すことはない、それは詐欺です」と港北警察署生活安全課防犯少年係の櫻井光治警部補は話す。

依頼受け快諾

 今回録音に協力したのは港北高校放送部の3人。詐欺件数の急増に「警察だけでは防ぐことができない、みんなの協力をいただきたい」との依頼に応じた。生田顧問は「電話口で話すように丁寧に」とアドバイス。録音後警察署の担当者は思わず拍手し、「素晴らしい」と称賛した。

 依頼を受けた際は一様に驚いたという部員ら。当日は、7人の部員から3人が選ばれ録音に臨んだ。藤代郁乃さん(2年)は「私でいいのかなと思ったが自分らしく伝えられた」と満足な表情を見せた。以前も区役所の宣伝カーに声の協力をしたことのある池田倫奈さん(2年)は「前回よりも成長した自分で臨めた」と振り返った。

 当日録音された音声は11月より、港北警察署に電話をした際の保留音として活用される。
 

気持ちを込めて録音に臨んだ
気持ちを込めて録音に臨んだ

七五三のご祈祷承り中

師岡熊野神社は「横浜の祈願所 関東随一一大霊験所」。9時~16時、予約不要。

http://www.kumanojinja.or.jp/

もしもの時に、あなたのそばに

家族葬・直葬 お電話一本で旅立ちの時間をあたたかくサポートします。

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

防災・東京五輪など重点

2020年度港北区予算

防災・東京五輪など重点 社会

自主事業に1億1888万円

2月20日号

街に元気と活気を

大曽根在住花澤さん

街に元気と活気を 社会

自店でナイトフリマ

2月20日号

県の舞台へ初挑戦

港北区民ミュージカル

県の舞台へ初挑戦 文化

マグフェス’20で上演

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

まち普請事業に決定

菊名・錦が丘の市民団体

まち普請事業に決定 社会

“居場所”の整備進める

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

区内4企業が受賞

よこはまグッドバランス賞

区内4企業が受賞 経済

働きやすい環境を推進

1月30日号

大正堂 新横浜店 

世界の手織絨毯が一堂に 特撰手織絨毯展 11月1日~4日 アウトレットも

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク