港北区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

3R優良事業所 区内2企業が新規認定 環境教育等で評価

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
新規認定を受けた(上から)アネスト岩田(株)とローム(株)横浜テクノロジーセンター
新規認定を受けた(上から)アネスト岩田(株)とローム(株)横浜テクノロジーセンター

 横浜市は先月、「横浜市3R活動優良事業所」を発表し、区内に拠点を置く2社が新規認定された。ともに事業系廃棄物の分別排出の徹底や環境教育が評価された両社。今後も、他事業所の模範となるよう、より一層の活動に意欲を見せている。

 同認定制度は、2011年度から実施しているもの。事業系廃棄物の分別排出や3R活動(発生抑制・再使用・再生利用)に顕著な功績を挙げた事業所が対象となる。新規認定を含め、48事業所が認定されている。

 新規認定を受けた一社は、半導体・電子部品メーカーのローム(株)横浜テクノロジーセンター(新横浜)。社内チェック・パトロールで分別排出を徹底し、花植えやフードドライブなどの地域活動も精力的に行っている。特に環境教育に重点を置き、月一回の委員会で環境保全に関わる意識の向上に尽力。総務部新横浜管理課長の向井郁雄さんは「認定を機に意識の向上、地域との連携を深めたい」と話す。

 もう一社が、新吉田を拠点にする産業機器メーカーのアネスト岩田(株)。分別ボックスの活用や剪定・栽培した樹木の再利用、地域の清掃活動などを実践している。社員教育には工夫を凝らし、社内掲示の内容を漫画調にすることで、楽しく分かりやすく分別等のコツやポイントを社員に周知。総務グループ保全チームの原川大輔さんは「来年度は、燃えるゴミの削減にも力を入れていきたい」と意気込む。

 「企業の皆様の熱心な努力に感謝したい」と話すのは市資源局一般廃棄物対策課長の宮田綾子さん。今後も優れた取組みの広報に努める意向を示した。
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

港北区版のトップニュース最新6

緑化計画、4月に始動

日吉地区の有志団体

緑化計画、4月に始動 社会

市民参加で魅力ある町へ

2月25日号

市特定健診 受診率が低迷

市特定健診 受診率が低迷 社会

コロナによる控え顕著に

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

医療従事者を守る

【Web限定記事】区内企業

医療従事者を守る 社会

コロナ対策でマスク開発

2月18日号

区内2企業が新規認定

3R優良事業所

区内2企業が新規認定 社会

環境教育等で評価

2月11日号

コロナ禍で継続不安も

無形民俗文化財保護団体

コロナ禍で継続不安も 文化

市、新たな支援模索

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク