港北区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

高田中 オンラインで修学旅行 市内初の取組み

コミュニティ教育

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena
VR体験をする生徒
VR体験をする生徒

 高田中学校(横田由美子校長)は9月15日、「バーチャル修学旅行」を開催した。コロナ禍で行事が中止になる学校もあるなか、市内では初の試み。横田校長は「子どもたちに少しでも思い出をと。新たな学校行事の可能性も提示できたのでは」と振り返った。

 バーチャル修学旅行は、株式会社JTBが学校向けに提供しているもの。VR(仮想現実)で現地の映像を視聴したり、オンラインで職人とつながり伝統文化を体験したりできる。同校では昨年の市外他校での実施事例を参考に、リアル開催の代替案としてオンライン開催も準備。「子どもたちに思い出を」と横浜市内では初のバーチャル修学旅行を実施した。

 旅行の舞台は京都・奈良。生徒は2グループに分かれ、VR体験と伝統文化体験を楽しんだ。スマホと専用ゴーグルを使ったVRでは、臨場感あふれる360度の映像で、鹿への餌やりや川下りを疑似体験。大仏の掌で跳ねたり清水の舞台から飛び降りたりするなどVRならではの体験もあり、生徒たちは画面に夢中になっていた。伝統文化では、京扇子作りを実施。画面越しに職人からの説明やアドバイスを聞きながら思い思いのデザインで絵付けを行った。生徒たちは「VRは初めて。京都にいるみたいでビックリした」「夏らしくアジサイの扇子にした。難しいが楽しかった」と笑顔を見せた。

技能員・司書も活躍

 同社のプランに加え、京都の老舗「美濃吉」の協力で昼食のお弁当には京料理を用意。スタッフによる和食文化についてのオンライン講演も行った。また体育館や教室は、技能員や図書館司書らが「少しでも現地の雰囲気を感じてもらえるよう」と手作りした、舞妓や寺社など現地を彷彿とさせる飾りで彩られた。

 「企業の協力、教職員の愛情はもちろん、生徒も前向きに参加してくれたおかげ」と初の取組みを振り返る横田校長。「ICT技術を体験したり、オンラインならではの学びや楽しさもあったのでは」と学校行事の新たな可能性も口にした。

港北区版のトップニュース最新6

新田中が75周年

新田中が75周年 教育

世界地図作り、井戸寄贈

11月25日号

タクシー乗場新設

日吉駅東口

タクシー乗場新設 社会

年度内の運用開始へ

11月25日号

奉納杓子(ほうのうしゃくし)が文化財に

小机町本法寺

奉納杓子(ほうのうしゃくし)が文化財に 文化

オシャモジサマ信仰伝える

11月18日号

児童が選ぶ好きな本

港北図書館

児童が選ぶ好きな本 文化

初企画に約1500人投票

11月18日号

30年ぶり春秋連覇

慶応大野球部

30年ぶり春秋連覇 スポーツ

六大学野球、39度目V

11月11日号

新駅開業へ準備着々

相鉄・東急直通線

新駅開業へ準備着々 社会

22年度下期に開通予定

11月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook