都筑区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

都筑区人口 自然増率、19年連続1位 隣接区の転入者も高水準

社会

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 市政策局はこのほど、2015年1月1日現在の人口と2014年度中の人口動態を発表。都筑区は新生児の出生が左右する自然増加率が市内で最も高く、19年間1位が続いていることがわかった。また市北部は隣接区への住所移転が多いという特徴もわかった。

 1年間の人口の増減、転入者や転出者数などの推移を示す横浜市人口動態。2015年1月1日現在の都筑区人口は21万751人で、昨年度に比べ1125人の増加。港北区(2764人)、磯子区(1893人)、鶴見区(1850人)神奈川区(1405人)に次いで5番目に多かった。

自然増加が高水準

 出生・死亡などが要因となる自然動態は、市全体で出生3万780人、死亡3万167人で、差し引き613人の増加となったが、前年(1535人増)に比べ922人の減少に。都筑区は979人の増加で、港北区(1384人)に次いで高水準。割合を示した増加率は0・47%で、市内で最も高かった。この傾向は19年続いているもので、市政策局担当者は「平均年齢が最も低く、子育て世代が多い都筑区の特徴が顕著に出ている」と話し、「今後も横ばいか増加傾向が続くのでは」と予想する。

 また都筑区の転入・転出者などによる社会動態は146人の増加で、市内12番目に。最も多かったのは磯子区で、横浜プリンスホテル跡地の再開発による大型マンション建設などが加わり、2213人の増加となった。

市内移動が盛んな都筑

 人口動態では所在地の移転などを示す市内移動(区間移動)も公開される。市内移動者は市全体で7万1536人。隣接区への移動が4万279人で、半数以上を占めた。中でも、各区からの転入、転出者を差し引いた転入超過数は、港北区から都筑区への転入者が397人で市内最多。一方で都筑区から青葉区の転出者が多く、313人で2番目に。また都筑区から緑区への移転者が256人と続き、南部に比べ、北部は市内移動が盛んな地域であることがわかった。

 隣接区への移動が多い要因のひとつとして、普段の買い物などで足を運んだ際に、その区の住環境を自らの目で確認しやすいことがあげられる。加えて都筑区を含む港北ニュータウンエリアは商業施設なども多く、区外からの買い物客なども多い地域。担当者は「家の住み替えを考える世代の方が多く、『今の街から少し離れた隣町へ』と考えている人が多いことが原因のひとつでは」と話している。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

セン南北周辺の上昇続く

都筑区内基準地価

セン南北周辺の上昇続く 社会

宅地最高は「荏田1丁目」

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

新シーズンへ出航

プロバスケ横浜ビーコル

新シーズンへ出航 スポーツ

「海賊よ、勇敢であれ」

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

9月26日号

花形選手が世界戦初防衛

池辺町ボクシングジム

花形選手が世界戦初防衛 スポーツ

好敵手「判定」で下す

9月26日号

水生生物で就労訓練

水生生物で就労訓練 社会

障害者らメダカなど飼育

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク