都筑区版 掲載号:2015年12月3日号
  • googleplus
  • LINE

荏田高 校男子バレー部 県初Vで「春高」へ ライバル制し、雪辱果たす

スポーツ

「No.1」と人差し指を立てる荏田高男子バレー部員ら
「No.1」と人差し指を立てる荏田高男子バレー部員ら

 第68回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)の神奈川県予選会「決勝戦」が11月15日、秋葉台文化体育館(藤沢市)で行われ、県立荏田高校男子バレー部が宿敵の川崎市立橘高校を下し、初優勝した。

 県大会決勝は3年連続で「荏田」と「橘」の対戦。「並々ならぬ思いがあった」と荏田高バレー部の齋藤雅明監督(48)は振り返る。2年連続で春高行きの切符を手にしたものの橘に敗れ、神奈川第二代表としての出場だった。

 準決勝の慶応高校に2―0のストレート勝ちを収め、春高の出場を決めたが気を緩めなかった。決勝戦でも第1セットを25―16で奪取。レフトエースの斎藤祐弥選手(3年)は「1セット取ってもこれまでは負けている相手、気を抜かず集中した」と話すように、2セット目も25―20の5点差でライバルを引き離し、初の県頂点に立った。チームキャプテンの白石玲央選手(3年)は「橘に勝てたことはめちゃくちゃ嬉しい」と笑みを見せた。

「全国請負人」の名監督

 男子バレー部を率いて6年目となる齋藤監督は、20代の時に釜利谷高校のコーチとして国体、インターハイ、春高と全国三連覇を経験。さらに、前任の岸根高校では監督としてチームを全国大会出場に導いた。

 高校バレーに携わり25年、「どうすれば全国出場レベルのチームになるのか、少しずつ分かってきた。その選手にとって何が必要なのかを考え、育ててあげることが大事」と話す。

 来年1月5日から行われる全国大会に向け、最終調整を行う荏田高バレー部の26人。過去2大会は共に2回戦で敗退している。「神奈川は通過点。全国制覇を目標に掲げているので、優勝したい」と白石選手は意気込みを語った。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク