都筑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

横浜スカーフ親善大使に就任した 高野 りえさん 茅ケ崎南在住 60歳

メイクの力で笑顔咲かす

 ○…大使就任のきっかけは友人の勧め。「落ちたら嫌だからコソコソ応募した」と笑う。面接では100枚以上のスカーフを持つ母の影響を受け、日常的に親しんできたことを審査員にアピールした。「巻き方ひとつで印象が変わる。お金のかからないエコなおしゃれですね」。30日の任命式ではスカーフを身に着けダンスを披露した。「多くの人にスカーフの魅力を伝えたい」

 ○…スポーツに励む活発な学生時代を過ごす。「体を動かすのが好きだった。運動神経は悪かったんだけどね」と苦笑い。短大時代はスキー部に所属し、肌をこんがりと焼いた。「焼いた顔をクッキーフェイスと呼んだの。当時は肌のことなんて考えていなかった」と懐かしむ。

 ○…「きれいで憧れの存在だった」という姉は41歳の若さで他界した。「自分の手できれいにしてあげたい」。癌で痩せた顔に最後の化粧をした。「おきれいな方だったんですね」と担当医が驚いた。このことがきっかけで、38歳の時に、メイク講師を目指す。猛勉強の末、資格を取得した。現在はボランティアとして高齢者施設で入居者にメイクを実施。「自分の姿に見とれて鏡の前から離れないの。女性がきれいになると花が咲いたように場が明るくなる」

 ○…2人の娘は自立し、夫と愛犬2匹と暮らす。「肌にいい」と聞いたトマトとアボカドを毎朝食べる習慣は1年続いている。週2、3回のウォーキングも欠かさず、大使になってからは外出が増えたため、腹筋運動も始めた。「みんなの憧れのおばあちゃんになりたい」。健康を維持するための努力を怠らない。還暦を迎え、好奇心が増した。最新のメイク技術も学び、「時代は進んでる。何でも挑戦しないと」と、前を見据える。

都筑区版の人物風土記最新6件

福原 庸子さん

市歴史博物館の外国人来館者向け英語ガイドブックの製作に励む学芸員の

福原 庸子さん

7月19日号

三坂 慶子さん

多国籍主婦同士の交流イベントを主催する市民団体の代表を務める

三坂 慶子さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月21日号

滝本 沙奈さん

地元情報を発信するイッツコムの新番組「サタデーイッツコム」でMCを務める

滝本 沙奈さん

6月14日号

塩入 廣中さん

「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞したぐるっと緑道の代表を務める

塩入 廣中さん

6月7日号

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク