都筑区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

仲町台二丁目ハマサポ 手製竹花壇で美化促進 約2年かけて完成

社会

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena
竹で囲んだ花壇と米山代表(右から二人目)、制作メンバー
竹で囲んだ花壇と米山代表(右から二人目)、制作メンバー

 仲町台二丁目ハマロードサポーター(米山雅章代表・70)がこのほど、北原地下道につながる緑道沿いに竹で囲んだ花壇を作り、まちの景観を彩らせた。都筑土木事務所や地元児童らの協力のもと、約2年かけて完成した。

◇◇◇

 以前から同緑道の伸びきった草が通行人の妨げや、ゴミのポイ捨てにつながっていると感じていたという米山代表。地域活動を共にする町内会員に相談し、2年ほど前から緑道の美化活動をスタートさせた。

 まず始めに取り掛かったのは草刈り。メンバーの自宅から持ちよった工具を使い、人の背丈ほどまで伸びた草を3カ月ほどかけて、70リットル入のゴミ袋約200袋分刈り取った。その後、土木事務所の援助を受け、仲町台二丁目ハマロードサポーターに登録し再始動。他地区のサポーターとの交流会に積極的に参加し、「まちのために生かせる技術を吸収しよう」とできることを研究した。

 草刈りが終わり緑道がきれいになると、街路樹の根が地上まで這い上がり、歩行者がつまづく危険性が出てきた。そこで同事務所から土と花の提供を受け、根の上から土をかぶせて花壇を作ることにした。見た目の美しさと、竹林の多い都筑区の特徴を生かし、花壇は竹で囲うことに。区内に住む米山さんの知人の竹やぶから20本を伐採・加工し、丁寧に並べていった。夏休み中には近隣の子どもと一緒に約240株の花を植えるなどし、13カ所の花壇を完成させた。「1つ完成するごとにまちの人が喜んでくれた。作り手の励みになった」とメンバーは振り返る。

 今後の課題は花の水やり。緑道には水道がなく、少し離れた町内会館から週に2回、20リットルのポリタンク10本分の水を運んでいる。「作っただけではだめ。工夫を重ねて維持していかないと」と米山さん。今後も住民が快適に過ごせる緑道づくりに励む。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月20日号

北西線事業「順調に進む」

首都高(株)

北西線事業「順調に進む」 社会

進捗は全体で約70%弱

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

加藤さん(荏田南在住)ら総合3位

ラフティング世界選手権

加藤さん(荏田南在住)ら総合3位 スポーツ

大学チームで出場

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

吉川さん(中大附属横浜)最優秀選手に

県高校総体陸上競技

吉川さん(中大附属横浜)最優秀選手に スポーツ

5000m競歩で大会新

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク