神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2024年2月1日 エリアトップへ

地理教諭の経験を生かし、様々な地域活動を精力的に行う 秋山 満さん 牛久保東在住 92歳

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

地理の知見、地域活動に還元

 ○…2000年に都内から港北ニュータウンに移り住んだ。「都筑区のことを知りたい」と都筑図書館に足を運ぶと、地域活動団体の展示の地図が目に留まった。自身の経験が役にたつのではと、その団体に加入。以来、複数の団体に所属し、精力的に活動する。個人としても、撮りためた区内の写真を図書館に寄贈したり、「都筑区水と緑の散策マップ」「図説都筑区の歴史」の編集・編纂に携わるなど、功績は少なくない。

 ○…小学5年の時、黒板に書いた日本地図を担任に褒められた。「それが嬉しくってね」。その喜びが教職に繋がった。4年間授業料が無料で毎月250円の支給もあった東京高等師範学校(現筑波大学)の地理学科に進学し、21歳で教師に。言葉だけで伝えるのは難しいと写真機を購入し、日本各地の農村や地形を撮影して授業に使った。自作した桂川河岸段丘のスライドが、コンクールで文部大臣奨励賞を受賞したことも。今でも散歩に写真機は欠かせない。

 ○…1960年頃にNHK教育テレビが始まると、生徒がより良く理解できるようにと、良い点と改善点を手紙に書き毎週、番組宛てに送った。やがて「番組の製作を手伝ってくれないか」と声をかけられ、出演するように。「当時は生放送。20分きっかりで終わることができるようになった」と微笑む。

 ○…50代で副校長となり65歳で現役を引退。その後10年は学校の広報誌を編集した。「幸せな人生、それは定年後の長い期間をどう過ごすかによると思う」。地域社会と結びつき、どう貢献し、社会から認められるか――。「この時を充実して過ごすことができれば一番幸せなんじゃないかな」。「ではお幸せですね」と問うと「いやあまだまだ」とはにかんだ。

都筑区版の人物風土記最新6

野村 秀樹さん

川和町でサックスのソロ演奏会を行う

野村 秀樹さん

緑区在住 55歳

6月20日

宮本 毅さん

中川小学校150周年記念式典実行委員会の委員長を務める

宮本 毅さん

牛久保東在住 79歳

6月13日

米澤 和昭さん

AIDAフリーダイビング世界選手権2024に日本代表として出場する

米澤 和昭さん

富士見が丘在住 54歳

6月6日

木下 純さん

都筑軽音楽文化協会の副会長でリフレッシュコンサートの実行委員長を務める

木下 純さん

荏田南在住 76歳

5月30日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月23日

増山 敬太さん

4月1日から都筑消防署の署長を務める

増山 敬太さん

都筑区在勤 59歳

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook