旭区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

公立小中学校 いじめ認知件数、過去最多 市調査で前年比2割増

教育

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
市内公立小中学校のいじめ認知件数
市内公立小中学校のいじめ認知件数

 横浜市内の公立小中学校で2018年度に認知したいじめは前年度から19・3%増の5546件で、いじめの定義を厳格化した13年後の調査で過去最多を更新した。10月17日に市教育委員会が発表した調査結果でわかった。

 いじめの認知件数は小中学校ともに増加し、小学校では前年比557件(15・6%)増の4123件、中学校では前年比340件(31・4%)増の1423件だった。

 いじめ行為の内容は小中学校とも「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が多く、全体の66・7%を占めている。特に小学校では「軽くぶつかられた」「ひどくぶつかられた」が計28・5%、「嫌なことや恥ずかしいこと、危険なことをされたり、させられたりする」が11・5%あり、直接的な行為による被害を訴えるケースも多いことがわかった。

市「意識高まりの結果」

 認知件数の増加について、市教委は「いじめの定義の理解が浸透し、早期の小さな段階から『学校いじめ防止対策委員会』で組織的に対応したことや意識が高まった結果だと考えられる」と説明。担当者は「軽微なものや小学生低学年の暴力行為についてもカウントするようになり、認知件数の増加につながった。まだ隠れている行為もあるとみて、認知を進めていきたい」と話す。

「別な理由、精査を」

 不登校やいじめ問題に詳しいNPO法人青少年育成開発協会の山本弘明代表は「保護者が過敏になっている面がある。かつてなら取り合わないようなケースまでいじめ扱いされている」とした上で「子どもは社会の流れと連動する。不確実な社会を背景に親世代がイライラしているなか、感受性の高い子どもたちは影響を受けやすい」と増加の要因を分析する。

 教育臨床科学が専門の星槎大学大学院教育学研究科の仁平義明教授は「(行政は)増加する度に『理解の浸透』と『組織的な対応』を理由に挙げている。取組が進んだのなら、このペースで増加するのは矛盾している。理解が浸透したのは確かだが、別な理由を考え実態を精査することが必要」と指摘している。
 

旭区版のトップニュース最新6

初のハンガリー大使館杯

旭区サッカー協会

初のハンガリー大使館杯 スポーツ

友好関係150周年で企画

11月14日号

ジャズまつり後も活動継続

SwingAJM

ジャズまつり後も活動継続 文化

実行委員会公式バンドに

11月14日号

写真で振り返る半世紀

旭区誕生50周年記念事業

写真で振り返る半世紀 文化

デジタルアーカイブ公開

11月7日号

避難勧告発令も浸水被害なく

台風19号帷子川

避難勧告発令も浸水被害なく 社会

旭土木の暫定対策が奏功

10月31日号

活動知って「活き活き」暮らして

生活支援体制整備事業フォーラム

活動知って「活き活き」暮らして 社会

11月6日、市内でも初の試み

10月31日号

旭区誕生50周年を祝う

旭区誕生50周年を祝う 社会

公会堂で記念式典

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク