旭区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

横浜F・マリノス 15年ぶり、王座奪還 4回目のリーグ制覇

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
シャーレやトロフィーを掲げて優勝を喜ぶ選手ら
シャーレやトロフィーを掲げて優勝を喜ぶ選手ら

 横浜F・マリノスは12月7日、明治安田生命J1リーグ第34節で2位・FC東京と対戦。首位で迎えた日産スタジアム(港北区)での最終節を3対0の勝利で飾り、15年ぶり4回目のリーグ優勝を達成した。

   ◇  ◇  ◇

 「この街にシャーレを、この街に頂点を」--。Jリーグのリーグ戦において、史上最多となる6万3854人の観客が訪れたスタジアムに、15年ぶりの優勝を願うサポーターたちの声援が響き渡った。

 負けても優勝の可能性が残される中、攻撃的なスタイルで試合を進め、前半で2点のリードを奪ったF・マリノス。後半には退場者を出すも、32分には途中出場した二俣川SC出身の遠藤渓太選手がゴールを決めて勝利を決定づけた。

 試合後、主将の喜田拓也選手は「横浜にシャーレを取り戻しました。いつもチームを支えてくれたファンを日本一のサポーターにできて幸せです」と目頭を押さえた。チーム3点目を決めた遠藤選手は「いろんな人の思いがのった優勝。僕だけの力じゃないゴールだと思いますし、すべての人に感謝したいと思います」と話した。

 チームの最終成績は22勝8敗4分。この日の勝利でクラブはJ1通算450勝も達成。ホーム通算観客動員数は1000万人を突破した。

五輪出場へエール

 現在、韓国での大会に参加している日本代表に選ばれた遠藤選手は二俣川小学校、万騎が原中学校の出身。小学生時代は地元のサッカークラブ・二俣川SCに所属していた。プロ4年目の今シーズンは途中出場含めてリーグ戦33試合に出場し、7ゴール、7アシストの結果を残した。

 「1年間渓太の活躍を見ることができて感動した。最終戦のインタビューでの涙を見て、二俣川SC時代の頑張りや(当時の)渓太を思い出し涙ぐんだ」と話すのは、二俣川SCに所属していた当時を知る同クラブの矢萩正美代表。来年の東京オリンピックの代表候補にも挙がる中、「二俣川SCの皆が見守っています。オリンピック出場を目指して頑張れ」とエールを送る。

 二俣川SCに所属する一方で、マリノスサッカースクールにも通っていた遠藤選手。二俣川で15年前に開校した同スクールの1期生にあたり、ここからF・マリノスの育成組織のステップを上がっていった。入校当時、スクールに勤務していたマリノスサッカースクール二俣川校・スクールリーダーの前波裕一さんも、スタジアムで

優勝を見届けた一人。前波さんは「スクールの子もゴールを喜んでくれたのでは。代表はケガで辞退が続いていたので、ケガなくプレーしてオリンピック代表を勝ち取ってほしい」と話した。

2試合連続ゴールを決めた遠藤選手
2試合連続ゴールを決めた遠藤選手

旭区版のトップニュース最新6

過去最少で推移

旭区内火災件数

過去最少で推移 社会

昨年38件で前年と同数

1月16日号

竹内さんが法務大臣賞

旭北中

竹内さんが法務大臣賞 教育

“社明運動”作文で最高評価

1月16日号

2,304人が門出

旭区の新成人

2,304人が門出 社会

13日、横浜アリーナで式典

1月9日号

17年ぶりに男女で関東へ

東希望が丘ミニバス

17年ぶりに男女で関東へ スポーツ

県予選で優勝と準優勝

1月1日号

「新たな変化を区の成長に」

「新たな変化を区の成長に」 社会

下田旭区長 インタビュー

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

地域活動で総務大臣表彰

若葉台山岸会長

地域活動で総務大臣表彰 社会

区内から2人目

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク