泉区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

いずみ歌舞伎保存会 市民の入会呼びかけ 会員不足に歯止めへ

文化

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
保存会の馬場会長
保存会の馬場会長

 いずみ歌舞伎保存会は、このほど名称を「横浜いずみ歌舞伎保存会」と変更した。高齢化による会員不足に歯止めをかけようと、今後は役者・衣装・大道具・小道具といったスタッフを広く市民から募集していく。

 いずみ歌舞伎保存会は、大正から昭和の初めにかけて活躍した農村歌舞伎の花形一座である「市川花十郎一座」の功績を受け継いでいこうと発足。1996年の泉区制10周年で初公演を行った。演技から衣装、小物づくりに至るまでプロの指導を受けて完成する毎年10月の公演は、昨年で22回を数え、泉区の秋の風物詩として親しまれている。

 しかし、近年は会員たちの高齢化が顕著で、役者を含めた運営スタッフが不足。最盛期は25人が出演していた公演も昨年は14人まで減り、披露できる演目も限られていた。

 これまで同会は区民を対象に、チラシや会員の伝手を頼って会員増強に力を入れてきたが、思うように集まらなかった。そこで、このほど、広く市民に呼びかけることとした。馬場勝己会長は「県内で歌舞伎を伝承しているのは5団体で、市内では唯一。伝統文化を次世代に残していくための転換です」と話す。役者スタッフは通年募集だが、今秋の公演から参加の場合は3月18日締切。詳細問い合わせは馬場会長【携帯電話】090・4391・7506。

泉区版のトップニュース最新6

マスコットを募集中

いずみ野地域ケアプラザ

マスコットを募集中 社会

5周年記念の第一弾

11月25日号

学校式典で久々活動

区内太鼓2団体

学校式典で久々活動 文化

宣言解除後に練習再開

11月25日号

新橋の「未来」を考える

新橋の「未来」を考える 社会

講座で地域デビュー応援

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月11日号

百周年祝う絵を寄贈

岡津町在住渡辺さん

百周年祝う絵を寄贈 教育

岡津小の式典で披露

11月11日号

#住むなら泉区 ロゴが誕生

#住むなら泉区 ロゴが誕生 社会

「一目でわかる広報」ねらう

11月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook