泉区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

和泉町在住松本さん 「落雷被害減らしたい」 区内に無償で避雷針設置

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
落雷抑制型避雷針を紹介する松本さん
落雷抑制型避雷針を紹介する松本さん

 落雷被害の低減を目指した製品の開発等を行う和泉町在住の松本敏男さん(株式会社落雷抑制システムズ代表)。「泉区の落雷被害を減らしたい」という熱い想いから、これまで区内に計3本の避雷針を寄贈している。

 近年増加傾向にある落雷被害。区内でも2014年には中田中央公園(中田町)で、グラウンド整備中の男性2人が落雷により感電する事故が発生。また昨年5月には東中田小学校(中田東)の校舎の一部が落雷で破損。飛散物により体育館窓ガラスが破損するなどの被害があった。

 みなとみらいに本社を構える松本さん。区内での落雷事故に胸を痛ませ「地元、泉のために何かできないか」と自社製品である落雷抑制型避雷針「PDCE」の寄贈を市に提案。2015年からこれまで、被害のあった同公園に1台、同小学校に2台、計3台を無料で設置している。

 従来の避雷針は先端から「お迎え放電」というものが発生し、あえて雷を落とさせる仕組みだが「PDCE」は全く反対の発想。雷雲下部の電位と反発する電位を先端の球面から流すことで、雷自体を引き寄せず、周囲に落としにくくできるという。現在、新市庁舎をはじめ市内に35台、全国では歴史的建造物や地球探査船上などに合わせて2600台が設置されている。

 起業して10年。全国出張で多忙な毎日を送っている。自然相手に「絶対」はないが、落雷被害の低減に挑戦すべく今後もシステムの改良を重ねていくという松本さん。「社会課題に挑戦し続けることがエンジニアの使命です」と力を込めた。

野球場のフェンスに設置されている(中田中央公園)
野球場のフェンスに設置されている(中田中央公園)

泉区版のトップニュース最新6

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

ゆめが丘にキャンプ場

ゆめが丘にキャンプ場 社会

「泉区の豊かな自然感じて」

7月8日号

熱中症に警戒を

泉消防署

熱中症に警戒を 社会

屋外等「適宜マスク外して」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter