泉区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

岡津町在住渡辺さん 百周年祝う絵を寄贈 岡津小の式典で披露

教育

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
寄贈した絵画を見せる渡辺さん=自宅アトリエ
寄贈した絵画を見せる渡辺さん=自宅アトリエ

 岡津町在住の画家・渡辺楊子さん(83)が岡津小学校の創立100周年を祝う油絵を同校に寄贈した。学校ともゆかりの深い三嶋神社をモチーフにしたこの絵は、10月30日に行われた100周年式典の場で披露された。今後は同校の校長室に飾られる予定。

 全国的な絵画団体や県美術家協会の審査員などを務める傍ら、地元で絵画教室「木犀会」を主宰する渡辺さん。これまでも泉区役所や福祉施設などに自身の絵を寄贈してきた。

「狛犬さんこんにちは」

 今回寄贈した絵画の作品名は「狛犬さんこんにちは」。舞台は学校に隣接する三嶋神社の参道。女の子2人が学校に向かって歩いていく様子を、空中に浮かんだ2体の狛犬が見守っている情景を描いている。サイズは50号。

 地元町内会が仲介役となり、創立100周年の記念として「校長室の応接スペースに飾る絵を」と、今年3月に同校が依頼。校内や学校周辺を見学して絵のイメージを膨らませ、現在も参道の階段がそのまま学校正門に使われている三嶋神社の情景をモチーフにすることを決めた。その上で境内に鎮座する狛犬を「これからもこの地域と子どもたちを見守ってほしい」と絵に登場させた。

 絵は先月30日に同校で行われた記念式典の中で、地域からの記念品のひとつとして初披露された。渡辺さんはあいさつの中で「岡津の狛犬は手毬のような玉を持っていて、子どもたちと遊びながらこの地域を守っているのかな、という気がしてこんな絵を描きました」と説明した。

 寄贈を受けた岡津小の宮路ますみ校長は「子どもたちの守り神としてのイメージで狛犬を描いたという話を聞き、とても思いが込められた絵だと感じました」と感謝の意を述べた。渡辺さんにとっては、末っ子の母校でもある岡津小。寄贈した絵について「まだまだ手直したい部分がたくさん」と笑いながらも、「40年絵を描いてきた中で、子どもが通っていた学校に絵を寄贈という形で貢献できるのはうれしいですね」と話した。

和泉で送迎ドライバー募集

戸塚共立リハビリデイサービス泉(045-443-6449)

https://yokohama-hhcs.com/home-izumi.html

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

バス停にベンチ寄贈

横浜泉LC

バス停にベンチ寄贈 社会

要望受け立場駅前に

12月9日号

中田小、東中田小が全国へ

マーチングバンド

中田小、東中田小が全国へ 社会

本番に向け練習に熱

12月9日号

3年ぶり自主演奏会

泉公会堂

3年ぶり自主演奏会 文化

改修、コロナ禍乗り越え

12月2日号

大災害想定のヘリ訓練

大災害想定のヘリ訓練 社会

消防団主導は市内初

12月2日号

マスコットを募集中

いずみ野地域ケアプラザ

マスコットを募集中 社会

5周年記念の第一弾

11月25日号

学校式典で久々活動

区内太鼓2団体

学校式典で久々活動 文化

宣言解除後に練習再開

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook