戸塚区版 掲載号:2012年12月6日号
  • googleplus
  • LINE

第12回湯河原文学賞 俳句の部 平戸在住の岡庭さんが入選

入選を喜ぶ岡庭さん
入選を喜ぶ岡庭さん

 夏目漱石や島崎藤村、芥川龍之介など近代文学史上の文豪たちが数多く訪れた湯河原町が主催する「湯河原文学賞」。

 12回目となる今年は俳句の部で「橋」をテーマに募集され、全国3762句の応募の中から平戸在住の岡庭正さん(78歳)の作品が入選した。

 岡庭さんの作品は「母がりへ 橋を渡るや 後の月」。「がり」とは、「許(もと)」、のことで「母のもとへ〜」と意味する。岡庭さんが結婚前、母親が病気治療のために長期入院していたころを思い出して作ったという。「毎日仕事後に職場から病院へ駆けつけていた。母の具合が気になりながら急いで橋を渡ると、後ろに月が見えた」と当時の情景を思い出す一方で、「解釈は読んだ人に任せたい」と話す。

 亡くなった兄の影響で大学在学中に俳句を作り始めたという岡庭さん。現役時代、仕事が多忙だったころも俳句作りをやめたことはない。これまでに自費出版で2冊の句集を上梓している。湯河原文学賞に応募したことは数回あったが、「入選は初めて」と喜ぶ。

 現在は黛執(まゆずみしゅう)氏が主宰する俳句結社「春野」に所属。妻は別の結社に所属するが、岡庭さんの影響で俳句を学び始め、2人で一緒に句会を行うこともしばしば。「講評し合うと喧嘩になっちゃうんだけどね」と岡庭さんは笑う。

 「自然や対象物に自分の心を重ね合わせて俳句を作る。感動することが大事」と笑顔で語る岡庭さん。3冊目の句集発刊に向けて、日々黙々と俳句作りに励む。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

NY(ニューヨーク)で作品展示

吉田町の写真家・坂本さん

NY(ニューヨーク)で作品展示

3月15日号

雛祭り気分「もう少しだけ」

戸塚町の和菓子店

雛祭り気分「もう少しだけ」

3月15日号

歌でがん患者を応援

区内タンゴ教室小原さん

歌でがん患者を応援

3月15日号

多彩なイベントを用意

トツカーナが8周年

多彩なイベントを用意

3月15日号

消火用水を新たに確保戸塚駅前で防火・防災フェア親子一緒に防災ワークショップ

地方議員19人が参加

立憲民主党

地方議員19人が参加

3月15日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク