戸塚区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

「侍―均衡と緊張の美」をテーマにドイツ・ベルリンで写真展を開く 坂本 貴光さん 吉田町在住 33歳

写すものすべてが作品

 ○…ベルリンで個展を開催するきっかけは、昨年世界8都市で作品を発表した際に、現地のギャラリーから声をかけられたことだった。テーマは「侍―均衡と緊張の美」。刀を構え、張りつめた空気が感じられる「静」と、髪を振り乱して刀で切るダイナミックな「動」の瞬間を写真に収めた。「刀を抜いているときが武士の一番輝くとき。一瞬、そこに命をかける武士の美学に魅せられた」

 ○…およそ3千枚の中から厳選したのは、「ゾクっとする瞬間」にとらえた12枚だ。写真のモデルは、武道と伝統芸能、音楽などを組み合わせた芸術を国内外で披露する「武楽座」の源光士郎さん。4年前、オフィシャルカメラマンとして参加したフィレンツェでの日本映画祭で出会ったという。撮影に使った装束は色鮮やかなものだが、「他の人に真似できない領域に」と作品をオリジナルのカラーで、より自分らしく表現した。

 ○…趣味は子育て。2歳の娘の話になると、落ち着いた写真家の顔から一転、父の顔に。娘の成長を写真に収めることは「ライフワーク」。笑顔はもちろん、泣き顔やぼーっとした表情など、シャッターチャンスは無限だ。みなとみらいのカメラ店の壁一面に140枚もの娘の写真を展示したこともある。「フェイスブックにも娘のファンがいる」と笑みをこぼす。

 ○…73年続く坂本写真スタジオの3代目。スタジオが遊び場、カメラはおもちゃ代わりで直感的に使い方を憶えていった。とは言え、父から返ってくるのは厳しい意見ばかり。「今でもけちょんけちょんに言われますよ。褒められるのは珍しい。気持ち悪いくらい」と笑う。常に意識するのは自分が写真家であること。写すものすべてが作品だ。「証明写真もそう。大きく引き伸ばして飾ってくれる人もいますよ」。芸術家のアトリエでもあるスタジオで、一枚一枚が代々受け継がれるような「作品」となるよう、今日も被写体に向かう。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

土井 芳枝さん

オリジナルのデコパージュ作品の展示会を開催している

土井 芳枝さん

7月19日号

原田 輝夫さん

7月22日にミニライブを行う、「尺八遊吹(ゆうふ)く会」代表の

原田 輝夫さん

7月12日号

相澤 稔さん

戸塚区連合町内会自治会連絡会会長に就任した

相澤 稔さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

三根 政信さん

自身が作詞作曲、振りつけをした「遊び歌」を歌うイベントを開催する

三根 政信さん

6月21日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク