戸塚区版 掲載号:2014年1月23日号
  • googleplus
  • LINE

認知症疾患医療センター 横浜舞岡病院が運営受託 在宅療養の充実図る

社会

 横浜舞岡病院(加瀬昭彦院長)は横浜市から事業運営を受託し、市が厚生労働省の指針に基づいて設置を進める「横浜市認知症疾患医療センター」を1月1日付で開設した。

 高齢化に伴い増加傾向にある認知症患者。発症後も住み慣れた場所で暮らすには、症状に応じた適切な医療の提供に加え、地域における医療と介護の連携強化が求められる。

 認知症疾患医療センターの設置はこうした課題解決が目的。市内では昨年1月に南部医療圏にある横浜市立大学附属病院に開設され、今回西部の舞岡病院、北部の横浜市東部病院に新設されたことで、市内全域を網羅する形となった。

 センターが担う事業は、在宅療養の充実を目的に地域包括支援センターや介護サービス事業所と連携して行うのが特徴。認知症が疑われる患者のかかりつけ医による紹介をもとに発症の有無や原因を調べる鑑別診断などを行い、結果に応じて介護者が在宅療養できるよう支援する。認知症の知識向上をめざし、地域の福祉や医療従事者へ研修会も実施する予定という。

早期診断で在宅生活維持

 認知症患者を介護する家族は、相談すべき機関が分からなかったり、相談することに罪悪感をもつ人もいると相談員の齊藤雄太さんは指摘する。一方、薬物治療とあわせ、デイサービスのレクリエーション活動を通じて症状が軽減されたケースもあるといい、「家族を施設に入れたくないという気持ちを尊重しつつ、介護者が共倒れしないように方向性を示したい」と話す。

 認知症とは、脳の萎縮や血管障害などで引き起こされる知的能力障害。通常の老化でも例えば「しまった場所を思い出せない」という物忘れは起こりうるが、認知症では行為自体を覚えておらず、他人に盗まれたと思い込むなどの”周辺症状”が現れるのが特徴だ。

 その原因には水頭症や硬膜下血腫といった脳外科的疾患が含まれていることも少なくない。一方、うつ病などでも認知症に似た記憶障害がみられることもあり、加瀬院長は「抗認知症薬の導入や専門医療機関への紹介などしかるべき治療を施すことで、在宅生活を維持することが可能になる」として、早期診断・治療の重要性を訴える。

 一方、認知症予防は「確固たる方法はない」としながらも、「脳の情報を出し入れする他人とのコミュニケーションは有効な手段と言える」と話していた。

 鑑別診断や医療相談は【電話】045・822・2169(平日午前9時〜午後4時)、横浜舞岡病院へ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク