戸塚区版 掲載号:2014年2月6日号 エリアトップへ

大衆舞踊家として戸塚を拠点に活動を始めた 舞扇毬菊(まいせんまりぎく)さん(本名:小村 愛美) 日本舞踊研究所 舞扇流二代目家元

掲載号:2014年2月6日号

  • LINE
  • hatena

芸がつないだ親子の縁

 ○…青森県十和田市で個人流派「舞扇(まいせん)流」の家元として日本舞踊教室を営む。弟子は100人超。東北を中心に舞台でも活躍する一方、常に意識してきた”中央”の存在。「一流はいつも中央から来る。自分は中央で通用するのか」。そんな思いを胸に一昨年、泉区で開かれた歌謡コンサートに出演機会を求めた。すると、現代的要素を取り入れた独特な”大衆舞踊”は大反響。知人のつてもあり、昨夏から戸塚にアパートを借り、地域イベントなどで精力的に活動を続けている。

 ○…幼少時に両親が離婚。父方に引き取られ、母に連れられて習っていた日本舞踊からも遠ざかった。成人し、ようやく探し当てた母は日本舞踊の家元になっていた。一緒に稽古に通った楽しい想い出、教室の看板を見て訪ねてきてくれるかなという期待――。娘を思う気持ちが、母を舞踊の道へと導いていたのだった。だが、久々の再会を果たすも、しばらくして母は病に倒れ、2年の闘病の末他界。「私にとって芸とは親子の絆をつないだものだった」。その後、母を慕う弟子たちから熱望され、後を継ぐことを決意した。

 ○…12歳から23歳の4人の子どもを育てる。それぞれに2歳から舞踊を指導しているが、「親として『よくやった』と思っても、師匠として厳しくしなければならないのは辛い」。公演活動のために家族を残して留守にすることも多く、成長を見守れないことに心残りもある。だが、母子を中心に組む一座で、子どもたちには『見る者も演じる者も楽しめる舞台』を目指すプロ意識が芽生えている。

 ○…各地を駆け回るなか、”よそ者”を受け入れない雰囲気の土地もあるが、「戸塚では舞台をみた人たちが、『まりちゃん』と声をかけて応援してくださる。これから伸びようとしている街という印象」。いつも単身で遠路はるばる車を走らせて来ていたが、3月には初めて一座そろって”第二の故郷”の地を踏む。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

10月12日上倉田地域ケアプラザで育児のお話会を初開催する大きなりんごの会代表

かみや りんごさん(本名:神谷 美奈)

戸塚区内在住 44歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

中原 千晶さん

NPO法人こもれびroom理事としてとっとの芽「産前産後カフェ」の講師を務める

中原 千晶さん

戸塚町在住 44歳

9月23日号

塚本 雄貴さん

B3リーグのプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」に今季から加入した

塚本 雄貴さん

平戸町在住 24歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook