戸塚区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

3月25日に開通した戸塚アンダーパスや周辺市街地の整備を手掛ける 遠藤 拓也さん 戸塚中央区画整理事務所所長 45歳

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

地域と「活気、賑わい」を

 ○…「昭和37年から約50年、過去に類をみない大がかりな区画整理。それだけに気を配るところも多かった」。25日に開通した都市計画道路柏尾戸塚線、いわゆる戸塚アンダーパスにも自然と話が及ぶ。「最初は地下トンネルではなく、橋を架けるオーバーパスを整備する予定もあったが、街の景観を損ねるという事で今の形に落ち着いた」というこぼれ話も。区画整理を進めるうえで一番気を使ったことを「元々の地権者に工事中、立ち退いてもらう必要があった。人の人生を左右する今回のプロジェクト。以前より住みやすく、活気溢れる街にしないと」と背筋を伸ばし、振り返る。

 ○…最初に戸塚に関わりを持ったのが、約8年前の戸塚区区画整理事業。戸塚駅の印象を「JRも東海道線も通っていて、一時期は横浜、川崎に次ぐ乗降者数を誇り、人的資産もあり、歴史的資産もあるポテンシャルの高い場所」と表現する。戸塚で出来ない事は他でもできないとまで言われたそう。その後は東神奈川の駅前開発やコットンハーバーなどの開発に携わり、去年の4月に戸塚中央区画整理事務所の所長に就任した。

 ○…趣味は仲間とテニスをすること。「どのくらいの頻度で」と聞くと、「休みには、しない事の方が少ないくらい」と胸を張る。他にも電子書籍で読書をする事もあり、さまざまなジャンルを読むが、特に歴史小説を読む事が多いのだそう。現在は東京都国立市で父と妊娠中の妻と暮らし、子どもが生まれてくる事が「楽しみ」と頬を緩ませる。幼い頃は社会科が好きで、物心ついた時から水泳をしていたスポーツマン。

 ○…アンダーパスが開通した後は、旧東海道の踏切閉鎖付近の整理やアンダーパス上の公園の整備など来年完成予定の工事に本格的に着手する。「活気あり、賑わいのある空間作りを地域の人と協力して作っていけたら」。地域住民らへのメッセージを力強く語った。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

古川 要作さん

自宅の玄関で小さな写真展を開く

古川 要作さん

原宿在住 81歳

11月26日号

金澤 洋さん

名瀬地域ケアプラザでクリスマスコンサートを開く、バイオリンアマチュア奏者

金澤 洋さん

名瀬町在住 80歳

11月12日号

持田 教利(かずのり)さん

区内ジム所属でボディビル県大会で優勝した

持田 教利(かずのり)さん

藤沢市在住 25歳

11月5日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

10月29日号

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク