戸塚区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

戸塚署管内人身事故件数 昨年比で2割弱減 「地道な努力の表れ」

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena

 戸塚警察署管内で今年1月から11月末日までに起きた人身交通事故件数が発表され、昨年より2割弱減少したことがわかった。交通事故の多い年末に向け、同署をはじめ関係機関は事故防止を呼び掛けている。

 今年1月から11月末日までの人身交通事故件数は746件で、昨年より166件減少(18・2%減)した。神奈川県全体では2万4509件で、1210件の減少(4・7%減)。同署管内での事故減少の割合が特に大きいことがわかった。

 また同署管内の死者数は1人で、昨年より5人少なく、負傷者数も204人少ない888人だった。 

 この結果に同署交通課の担当者は「一概には言えないが、小中高生や企業、地域に対する安全教育が浸透してきたことや、交通安全協会などの外郭団体による地道な事故防止キャンペーンなど、努力の表れだと思う」と話す。

二輪車事故が34・3%

 人身交通事故のうち特に割合が多かったのは二輪車事故。昨年同日比で65件減少しているものの、全体の34・3%を占め、256件に上った。

 同署ではこうした傾向を踏まえ、二輪車の交通違反を重点的に取り締まってきた。同担当者は「警察が街頭活動を行うことで、二輪車はもちろん、自動車の運転手も『気を付けよう』という意識を持つようになったのでは」と話している。

10団体が呼びかけ

 事故件数が増える年末に向けて12月12日、「交通事故防止運動・飲酒運転追放キャンペーン」がJR戸塚駅東口ペデストリアンデッキで行われた。参加機関は戸塚交通安全協会や戸塚安全運転管理者会など10団体。約80人が参加し、事故防止を呼び掛けるチラシのほか、「飲酒運転”大根絶”」になぞらえ、大根150本を配布した。

 また戸塚区を拠点とする女子サッカーチーム・ニッパツ横浜FCシーガルズから、新井翠選手、橘麗衣選手、田中景子選手、山本絵美選手が参加。新井選手と橘選手は一日警察官を務め、事故防止を訴えた。

 戸塚交通安全協会の齋藤行夫会長は「『無事故で年末、笑顔で新年』をモットーに、人身事故が起きないよう呼びかけていきたい」と話した。

シーガルズの選手
シーガルズの選手

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook