戸塚区版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

小雀町在住川邊房吉さん 95歳画家、きょうも絵に熱中

文化

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena
自らの作品を持つ房吉さん。
自らの作品を持つ房吉さん。

 自宅内に設置されたアトリエで「サッ、サッ」と絵筆を滑らせていくのが、1922年(大正11年)生まれ、御年95歳の川邊房吉さんだ(小雀町在住)。今も油絵一本で終日キャンバスに向かう。「最近は風景画ばかり描いているよ。やっぱり風景は良いね」と歯切れよく語る姿はまったく年齢を感じさせない。

苦境を乗り越える

 房吉さんが絵に興味を持ったのは幼少時代。田河水泡の漫画「のらくろ」が好きになり、真似をして描き始めたのがきっかけ。その後、当時の大衆雑誌「キング」に、川柳に漫画をつけるコーナーがあり、自らもイメージする絵を描くようになる。「周りから『うまい』って言われるから、調子に乗ったんだ」とちゃめっ気たっぷりに笑う。

 終戦後、28歳で結婚。小雀町で農業を始める。この頃、日本の経済状況は厳しく、房吉さんも同様の状況で、原宿の国立横浜病院(現・横浜医療センター)でボイラー技士としても働き始める。”二束のわらじ”は心身ともに負担だったが、苦境を支えたのはやはり絵だった。「徹夜明けで病院から帰ってきて、そのまま田んぼに出る。昼の休憩時間に草花をスケッチブックに描くことが支えだった」。その頃、高校生になっていた長女が美術部で油絵を始めたことが契機となり、房吉さんはそれまでの日本画から宗旨替えをする。多彩な色使いにより、対象物の「表情」を出しやすい油絵に魅了されたからという。

作品は1000点に

 定年を迎え、時間にも余裕が生まれると、房吉さんは60歳から70歳の10年間、ヨーロッパやインド、エジプトなど海外に足繁く出かけ、絵の素材となる風景などを写真に収めたり、ポストカードにスケッチしたりして収集。それを次々に形にしていった。そうして描き上げた作品は約1000点にものぼる。その後も房吉さんの絵に対する情熱は留まるところを知らず、額縁も手作業で制作するほか、鎌倉にある行政センターで現在も絵画指導にあたっている。

 間もなく生を受けて1世紀となる房吉さん。「葬式には花輪のかわりに自分の絵を飾るつもり。毎日楽しいね。今後も描き続けるよ」。少年のような笑顔を見せた。

毎日アトリエで創作に打ち込む(写真右)
毎日アトリエで創作に打ち込む(写真右)

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

「空き家」どうする?

「空き家」どうする? 社会

市、管理義務化へ条例施行

11月25日号

トツカーナでXマスを

トツカーナでXマスを 経済

12月11日からイルミも

11月25日号

東俣野の農園で収穫祭

東俣野の農園で収穫祭 社会

芋ほりなどで交流図る

11月25日号

ユーチューバーが講義

ユーチューバーが講義 社会

戸塚法人会で経営者に

11月18日号

パクチーの魅力を発信

薬科大教授ら

パクチーの魅力を発信 社会

学術会議で試食会も

11月18日号

「ドリームランド」が復活?!

「ドリームランド」が復活?! 社会

閉園から20年 「思い出語る場」に

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook