戸塚区版 掲載号:2017年8月24日号
  • LINE
  • hatena

「変わった絵」に思いを投影 舞岡町在住の画家 活躍中

文化

色彩豊かな絵具を駆使した自信作
色彩豊かな絵具を駆使した自信作

 「クスッと笑えて少しゾッとするような、どこか謎めいた雰囲気」をテーマに、日々キャンバスと対峙する若手の画家が区内外で活躍している。それが、舞岡町在住のなかがわ寛奈さん(32)だ。なかがわさんはこれまで、幼い頃から好きだった食虫植物など「変わったもの」を取り入れた独自の表現で、多くの前衛的な作品を生み出してきた。自身の絵画は主に都内や市内のアート展で披露しており、2年前には「ふらっとステーション・とつか」でも個展を開催。現在、9月16日(土)から始まるAAA GALLERY(中区)でのグループ展に向け、さらに個性を剥き出しにした作品作りにまい進している。

「経験のなさ」乗り越えて

 初めて絵筆を執ったのは26歳の頃。家庭内のトラブルに辟易し、故郷の富山県を飛び出して友人を頼りに戸塚に来てから3年後のことだった。「あの時はやり場のない気持ちや寂しさで胸がいっぱいになり、いつしか心の病に陥っていた」と振り返る。息詰まる日々の一方で「自分を変えたい」という思いが湧き上がり、以前から関心を抱いていたアートに自身の感情をぶつけてみようと決意した。

 だが、それまで絵画の経験はゼロ。当初は「経済的にも余裕がなく、図書館で本を借りて独学で絵の勉強を重ねた」と苦労ばかり。「やっぱり辞めよう」と思うこともあったが、自身の心の悩みを作品に投影し続ける中で、徐々に共感を呼び起こした。そして28歳でギャラリーデビュー。以来、多くの人から上がる「不思議で面白い」「何だか幻想的」といった声が作品作りの原動力になっている。

 自身にとっては第二の故郷だという「戸塚」をモチーフにした作品も考案中。「大踏切がなくなるなど、戸塚に来てから約10年の間にこの街は大きく変わった気がする。その変貌ぶりを自分なりに表現できれば」と夢を語る。

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク