戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

災害時消火用水 スポーツ施設のプール活用 戸塚消防署が初協定

社会

名取署長と齋藤支配人を中心に手を重ねる
名取署長と齋藤支配人を中心に手を重ねる
 戸塚消防署(名取正暁署長)は11月30日、セントラルフィットネスクラブ東戸塚(小山祐宇(ゆきひろ)店長)とスポーツクラブNAS戸塚(齋藤志帆支配人)とで、区内初の災害時に各施設のプールを消火用水として、また駐車場を消防活動用地として使用する協定を結んだ。

 この協定は、大規模地震などによる街中での火災発生時に消火栓が使用できなくなることを想定し、締結したもの。消火用水確保の検討が重ねられてきたなか、スポーツクラブに協力を要請したところ実現。今後、区内にある残り5カ所の民間スポーツ施設にも協力を求めていく。

 当日、セントラルフィットネスクラブ東戸塚での協定締結式には、名取署長をはじめ戸塚消防団の川邊聡団長、川上町町内会の羽田聡二会長、小山店長が参加。またスポーツクラブNAS戸塚での協定締結式には、署関係者に加え吉田矢部地区連合会の川畑孝男会長、齋藤支配人が参加した。

 名取署長は「阪神淡路大震災から22年経った今も、街中で消防力を超えた被害を受けた光景を忘れることができない。消火栓、防火水槽、河川など今ある消火用水だけでは、もはや対応しきれないケースもあることを先の震災から学んだ。今回の協定締結は非常に有意義」とあいさつ。

 小山店長は「地域に根差した経営を心掛けている当スポーツクラブで地域の方々の安全・安心を災害時に提供できて光栄だ」と語り、齋藤支配人は「プールの水だけではなく、レンタルウェアやシューズ、タオルを災害時に提供するなど当施設で協力できることはたくさんある。少しでも地域貢献できることには今後も積極的に取り組みたい」と話した。

協定書を手にする名取署長(左2人目)と小山店長
協定書を手にする名取署長(左2人目)と小山店長
施設の裏で放水訓練(セントラル)
施設の裏で放水訓練(セントラル)

戸塚区版のローカルニュース最新6件

與那嶺さんが「キャプテン賞」

戸塚高・定時制バレー部

與那嶺さんが「キャプテン賞」

2月15日号

1年の無病息災を祈祷

今年も「梅あ〜と祭」

舞岡ふるさと村

今年も「梅あ〜と祭」

2月15日号

さんまで震災復興支援

詐欺複数阻止に感謝状

市インスタの写真展示

H30年度第1期教室参加者募集

初めてのフットサルなど新規教室を含めた全56教室を開催

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「健康まつり」

恒例の「健康まつり」

2月22日 戸塚町の施設で

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク