戸塚区版 掲載号:2018年4月12日号 エリアトップへ

矢部町 満尾医院 東ティモール支援続け10数年

社会

掲載号:2018年4月12日号

  • LINE
  • hatena
現地で診療にあたる医師ら
現地で診療にあたる医師ら

 矢部町の眼科・満尾医院(坂西京子院長/医療法人社団三穂会)のふたりの医師が、3月に東ティモールを訪問し、診療や治療を行ってきた。同医院は2006年から同国へ支援を行っており、今後も継続していくという。

ふたりの医師が現地入り

 今回東ティモールへ訪れたのは岡野喜一朗医師と山口大輔医師。同院で患者から募った使用済みの眼鏡と支援金を持ち、首都のディリ入りした。遠視や近視、乱視などを測れる携帯機器を使って診断し、度数の合う眼鏡を提供。また手術も含め約80人を診察、処置も施した。

 東ティモールは東南アジアにある国。植民地支配や占領を経て2002年に独立した。同国で長年にわたり様々な支援を行ってきたのが、坂西院長の中学生の頃からの友人である中村葉子さん。カトリック聖心侍女修道会のシスターとして献身的に活動を行う彼女の姿に感動し、坂西院長も支援を始めたという。

課題は医療機器

 坂西院長は「医療従事者だからできることを」という発想から、現地で活躍する医師を育てようと中村さんに相談。貧しさのため医師になる夢を諦めていた現地の青年・マヌエルさんを支援することから活動が始まった。その後マヌエルさんは無事に医学部に入学、卒業を果たした。これに並行して、食料支援を継続して実施。また現地の土地を購入し、マヌエルさんが院長として医療活動ができるよう現在、環境を整えている途中だ。

 今回の訪問は、現地の医療環境を視察する目的もあった。実際に医療機器が古かったり動かなかったりするなかで、手術を諦めざるを得ない状況も。岡野医師からは「もっと手術ができる環境を整える必要がある」、山口医師からは「首都だけでなくさらに僻地に行き活動を行いたい」と、坂西院長に対して報告があったという。坂西院長は「大々的な活動はできないが、今後も地道に継続したい。眼鏡の寄付があればありがたい」と呼び掛けている。
 

山口医師(左)と岡野医師
山口医師(左)と岡野医師

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6

凧、空高く舞い揚がれ

凧、空高く舞い揚がれ 文化

東戸塚で区制周年企画

5月23日号

絵を通して国際交流

品濃小児童

絵を通して国際交流 教育

タンザニアの画家が来校

5月23日号

世界貿易センターで展示

世界貿易センターで展示 文化

本紙連載中の写真家 坂本さんの作品

5月23日号

艶やかな世界を披露

「響ファミリー」

艶やかな世界を披露 文化

7月 さくらプラザで

5月23日号

「怖さはなかった」

品濃町勤務佐藤さん

「怖さはなかった」 社会

初期消火に感謝状

5月23日号

「教える」と「教わる」が出会う場

区内アート団体が主催

「教える」と「教わる」が出会う場 文化

交流イベントに約600人

5月23日号

松沢前知事が新著

松沢前知事が新著 政治

出版パーティーに600人

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多様なジャンルの名曲熱演

ピアノとギターのデュオ

多様なジャンルの名曲熱演

6月8日 さくらプラザ

6月8日~6月8日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第220回

    男のおしゃれ学

    「青い色の服は海のイメージ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月23日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク