戸塚区版 掲載号:2018年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

「すこっぷ三味線」妙技を披露 家元が戸塚町に来訪

文化

演奏する舘岡さん
演奏する舘岡さん

 スコップを三味線に見立て、音楽に合わせて栓抜きで打ち付けることでリズムを奏でる「津軽すこっぷ三味線」。この技を発案した、青森県在住で家元の舘岡屏風山(たておかびょうぶさん)さんが5月24日、全国ツアーの一環としてカラオケ静香(戸塚町)を訪れ、地域住民らに向けて演奏を行った。

 「津軽じょんがら節」「千恵っ子よされ」などの曲に合わせ、両手を巧みに使い1秒に30個の音を出すという妙技を披露。会場からは大きな拍手が上がっていた。またこの日は来場者が実際に体験できるコーナーも設けられた。舘岡さんは「好き勝手に叩いても楽しめる気軽さがあり、奥の深さもあるのが魅力」と話した。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

ヘルスケアセミナー開催

6月16日(土)、寝たきりにならないために…、骨粗しょう症を勉強しよう!

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

木管楽器の音色楽しむ

木管楽器の音色楽しむ

 23日 さくらプラザ

6月23日~6月23日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第207回

    男のおしゃれ学

    「江戸時代は男女混浴であった」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    6月7日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク