戸塚区版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

戸塚町在住倉井さん 「このミス大賞」受賞作 発売 「ぶっ飛んだ設定」評価

文化

自著を紹介する倉井さん
自著を紹介する倉井さん

 17回目を迎えた「『このミステリーがすごい!』大賞」で大賞を受賞した、戸塚町在住の倉井眉介さん(34歳/本名・黒岩悠介)のデビュー作品「怪物の木こり」が今月、宝島社から発売された。選考委員から「ぶっ飛んだ設定のおもしろさ」と評された同書。大きな話題を呼びそうだ。

 「昨年9月、受賞の連絡を受けたときは、ガッツポーズが出ました。そして今度は書籍が本屋さんに並んで本当に嬉しい。同時に売れ行きも気になります」

 倉井さんは現在の心境をこう語る。

 宝島社が主催する同賞は、ミステリーやエンターテインメント作家の発掘・育成を目指して2002年から始まったコンテスト。第4回の大賞を受賞した海堂尊さんの「チーム・バチスタの栄光」など、これまで数多くの作品がテレビドラマ化や映画化されている。こうしたことから、今回も449作品が寄せられる激戦となった。

人の生きる意味問う

 「怪物の木こり」は、殺人を繰り返す弁護士が主人公。”マスクをつけた男”に突然襲われ、頭に大ケガを負ったことにより、自身に脳チップが埋め込まれていることを知る。脳チップは幼少時に埋め込まれたもので、これにより心に変化が起こることがわかる-。謎が謎を呼びながら物語はスピーディーに展開していく。倉井さんは「ミステリーという手法を使って、人が生きる意味や幸せとは何かを問いたかった」と執筆の動機を語る。

乱歩賞も最終選考へ

 倉井さんは、南戸塚小学校、南戸塚中学校を経て、戸塚高校に進学した生粋の戸塚っ子だ。大学卒業後は就職せず、フリーターをしながら小説を書き続けてきた。安定した状況で小説を書くことを決心し昨年4月、川崎市にある工場に就職。作業員として業務に従事している。その矢先、「あかね町の隣人」で江戸川乱歩賞の最終選考まで残り、今回の大賞受賞を獲得。いま、人生の転機を迎えている。「親に心配をかけてきたので、ホッとしている。仕事を続けながら読者に喜んでもらえる売れる作品を書き続けたい。映像化されると嬉しい」と笑顔で話す。

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

戸塚の魅力スポット発見

区内災害時トイレ状況は?

戸塚区長に吉泉氏が就任

鈴木・松田両氏がトップ当選

戸塚区市議選・県議選

鈴木・松田両氏がトップ当選

4月11日号

「発展に向け、躍動する年に」

「三行詩」で絆深める

前田町小林さん家族

「三行詩」で絆深める

4月4日号

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク