戸塚区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

舞岡中野球部 全国への切符手に入れる 市大会で優勝果たす

スポーツ

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
激戦を勝ち抜いてきたメンバー
激戦を勝ち抜いてきたメンバー

 舞岡中学校が5月11日、俣野公園・横浜薬大スタジアムで開かれた「市中学校春季野球大会」の決勝戦で桐蔭学園中学校(青葉区)を破り、見事優勝を果たした。同中は25日からの県大会に出場すると同時に、今夏横浜スタジアムで開かれる全国大会への切符も手中におさめた。

全員の力が集結

 決勝の桐蔭学園戦は、激しい打ち合いとなった。舞岡中は抜群のコントロールを誇るエース・翠田(みすた)広紀さん(3年)を中心とした”守りのチーム”だが、この日は制球が定まらず、3回までに3点を先取される苦しい展開。

 潮目が変わったのが4回表の攻撃から。今大会思うような結果が出せなかった5番・上原大輝さんがランナーのたまったところで2点タイムリーを放つなどし、一気に5点を取り逆転に成功。さらに5回にまたも上原さんがランナー2人を返し、有利な状況に持ち込んだ。しかし、桐蔭に粘りを見せられ、2点を返されたものの、8対5で突き放した。この日は、戸塚中野球部もかけつけ、大きな声援を送ってくれたという。顧問の仲大貴教諭は「決勝まで投手がチームを引っ張ってきたが、最後に全員野球で最高の結果をおさめることができた。戸塚中や地域の方々の応援も本当に力となった」と話す。

準々決勝が山場

 最大のピンチは、準々決勝の東山田戦(都筑区)だった。同中とは、今年2月、県内約100チームが参加した「K-1」大会の決勝で辛勝した”因縁の相手”。今回は0対0のまま特別延長を迎え、3対2で舞岡中に軍配が上がったが、選手間でも「春季大会の最大の山場だった」と振り返る声が多い。ここを突破したことが、優勝への道筋をつけたようだ。キャプテンでキャッチャーの横田浩介さん(3年)は「全戦を振返るとミスもあったが、部員皆の力が集結し、良い形になったのは、大きな成果だった」と振り返った。5月25日から始まる県大会の初戦は、県内でその名を知られる強豪校・相陽中(相模原市)。仲顧問は「レベルは拮抗している。ここを抜けられれば、十分優勝を狙える」と分析する。

 舞岡中は今大会優勝したことにより、8月12日から横浜スタジアムで開かれる全国大会への出場権を獲得。翠田さんは「メンバーの力に助けられ、やって来られた。全国大会はスタジアムで投げられ嬉しい」と笑顔を見せた。

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

地域密着プリント&コピー館

はっぴやタオル、横断幕から証書まで作成できます!

http://prcp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

戸塚の魅力 発信に一役

地元アーティスト

戸塚の魅力 発信に一役 文化

区商連とMV撮影

2月20日号

つるし飾り祭り、10年で幕

平戸町地域団体

つるし飾り祭り、10年で幕 文化

メンバー高齢化のため

2月20日号

設立5年目で全国へ

区内中学生軟式野球チーム

設立5年目で全国へ スポーツ

東日本大会を初優勝

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

新型車両を導入

小雀地区乗合バス

新型車両を導入 社会

継続のため、活用促す

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

一部区間、駐停車禁止に

戸塚駅西口

一部区間、駐停車禁止に 社会

区らが24日から社会実験

2月6日号

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク