戸塚区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

戸塚アイアンボンドス 県少年野球大会で初優勝 チャンス捕え、逆転に成功

スポーツ

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
表彰状や優勝旗を手に、勝利を喜ぶメンバーたち
表彰状や優勝旗を手に、勝利を喜ぶメンバーたち

 区内の少年野球チーム「戸塚アイアンボンドス」が8月15日、サーティーフォー保土ケ谷球場で行われた「東京新聞旗争奪県学童軟式野球選手権大会」の決勝戦で、相武台レッドジャガーズ(相模原市)を5対2で破り、初優勝した。チャンスを捕えた粘り強い攻撃でつかんだ逆転勝利だった。

 同チームは5、6年生をメインに編成。今年は4番・太田大雅主将、5番・白鳥颯斗君を中心とした「打撃のチーム」だ。

 準決勝では、金沢イーグルス(金沢区)と対戦。2番・加藤颯真君のホームランを含め、ヒットを上手くつないだほか、白鳥君の双子の弟でエースの拓海君が相手打線を無失点で抑えるなど順調な試合展開を見せ、6回に7対0のコールド勝ちを果たした。

 勢いに乗って迎えた決勝戦だったが、立ち上がりは相手打線に打ち込まれ、エラーも重なり4回まで1対2の劣勢。だが、太田主将を筆頭にメンバー全員が「どこかで必ず挽回できる」という強い気持ちを持って挑み、5回裏で疲れが見え始めた相手投手から確実に四球を選び、ヒットをつなぐなどして4点を奪取。見事優勝旗を手中に収めた。

自然に仲間意識醸成

 普段は上品濃公園グラウンドを拠点に活動している同チーム。桑山嗣俊監督は、ヒットの確率を上げるために自分の立ち位置とは逆方向に向かって打つ「流し打ち」を取り入れ、強みである打撃の強化に注力してきた。太田主将は「大会ではこの練習が大いに生かされた」と話す。

 さらに序盤で先取点を取られると崩れる傾向があることを踏まえ、日頃からメンタル面を強化。「練習でできたことは試合でも再現できる」をモットーに、練習量を増やすことで自信をつけてきた。桑山監督は「こうした日々の成果が決勝戦での逆転につながったのでは」と振り返る。

 また、メンバーの多くが川上北小に通う友人同士。小1の頃から学校、野球ともに切磋琢磨し合ってきたため、自然と仲間意識が醸成されているという。太田主将は「各自が自主練や声出しを周りに呼びかけ、一丸となって取り組んでいる。この調子で良い結果を残したい」と力を込めた。

戸塚区版のトップニュース最新6

お手柄警察犬2頭を表彰

戸塚署

お手柄警察犬2頭を表彰 社会

行方不明の女子生徒を発見

10月17日号

“第二の人生”を謳歌

区内まち歩きの会

“第二の人生”を謳歌 文化

創立20年超え、活動に勢い

10月17日号

中途障害者の自立に尽力

上倉田町とつかわかば

中途障害者の自立に尽力 社会

脳疾患等の後遺症者 支援

10月10日号

猛禽類でハト等追払い

戸塚駅鳥フン害

猛禽類でハト等追払い 社会

土木事務所が新対策

10月10日号

女子硬式野球部 設立へ

汲沢の人材コンサル会社

女子硬式野球部 設立へ スポーツ

県初の企業チーム誕生に前進

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

カステラ製造し、半世紀

上矢部町横浜文明堂工場

カステラ製造し、半世紀 文化

南蛮渡来の味を提供

9月26日号

11月に2号店オープン!

「体の違和感、改善された“あと”何がしたいか」――。ともに追求します。

https://www.freerom.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ほのぼのフェスタ

ほのぼのフェスタ

19日 戸塚駅西口周辺

10月19日~10月19日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク