戸塚区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

戸塚署 お手柄警察犬2頭を表彰 行方不明の女子生徒を発見

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
(左から)上野警部補、ゼブラ号、濱野巡査部長、ユパ号
(左から)上野警部補、ゼブラ号、濱野巡査部長、ユパ号

 原宿で行方不明となっていた女子生徒(13)を発見したとして、10月8日に戸塚警察署長が、神奈川県警鑑識課の警察犬2頭と同課の警察官2人を表彰した。

 表彰されたのは、ラブラドール・レトリバーのゼブラ号(メス、2歳)とジャーマン・シェパードのユパ号(オス、3歳)。2頭にはビーフジャーキーが贈呈され、それぞれのパートナーを務める同課の上野和仁警部補と濱野治彦巡査部長には表彰状が渡された。

 同署によると事件は9月29日、午後8時頃女子生徒が自宅から外出して以降行方が分からなくなり、保護者の通報を受け、署員10人以上が出動。1時間捜索に当たったが発見に至らず、警察犬の派遣要請をした。

 深夜からの参加となった2頭。まず自宅にあった女子生徒の靴の匂いを基に捜索を開始し、1時間程して自宅付近の路上で歩いているところを発見。時刻は翌30日の午前1時だったという。

 佐宗茂署長は「暗く遅い時間帯だったので、犯罪に巻き込まれるリスクもあった。そんな中発見してくれて、本当に有難かった」と感謝を述べた。

 警察犬は、ほとんどが民間への嘱託で飼育管理されているが、警察直轄の訓練所も全国に28カ所あり、神奈川県では唯一栄区内に設置。今回の2頭はここから出動した。

高齢者捜索が増加

 普段の訓練は臭いをかぎ分ける「臭気選別」、犯人の逃走ルートや遺留品の発見を目指す「足跡追及」、物品の臭いを元に行方不明者の捜索をする「捜索」などを行っている。警察犬には訓練や任務を「楽しい」と思わせることが大切という。

 ゼブラ号とユパ号は昨年デビューであり同期の警察犬。今年に入り出動件数も多くなってきている。同訓練所の派遣要請で特に多いのは高齢者の行方不明の捜索だ。「社会問題となっているこの件で、1件でも多く貢献できれば」と上野警部補。

 しかし警察犬の出動には条件がある。真夏は地表の温度が上がるため昼の時間帯は避け、日が落ちてからの涼しい時間帯などに出動が制限される。また、夜間の出勤など緊張状態が続くとストレスがかかるため、家庭で飼育される犬より短命という。

 今後について上野警部補は「ゼブラ号は元気あふれる女の子。好奇心旺盛で、言うことを聞かないこともあるが、むしろ捜査に役立つこともあり、長所として伸ばす」とコメント。また濱野巡査部長は「ユパ号はオールマイティにこなして、従順。人に褒めてもらうのが好きなので、今回の贈呈品も訓練のご褒美としてあげたい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

区防災計画、7年振り改訂

区防災計画、7年振り改訂 社会

「車中泊避難」にも言及

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

自宅でも音楽療法を

名瀬町社会福祉法人

自宅でも音楽療法を 文化

プロ歌手による動画配信

7月2日号

喫煙所出入口に遮断幕

戸塚駅東口

喫煙所出入口に遮断幕 社会

市内初の煙流出対策

7月2日号

音楽家に発信の場 提供

さくらプラザエフエム戸塚

音楽家に発信の場 提供 文化

「コロナ禍でも芸術届ける」

6月25日号

「定着化」に力点置く

東戸塚の障害者就労支援事業所

「定着化」に力点置く 社会

離職率の高さ危惧

6月25日号

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク