戸塚区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する カチョ カルドーソさん 上倉田町在勤 54歳

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

ギターで南米の魅力伝える

 ○…世界5億人が使用するスペイン語。上倉田町にある「横浜スペイン語センター」の講師としてその魅力を伝えている。他方でギタリストとして活躍。南米の民族音楽「フォルクローレ」や「タンゴ」など、情緒豊かな楽曲を県内各所のコンサートで届けている。「言葉と文化の両方で南米の良さを伝えていきたい」とほほ笑む。

 ○…戦後に日本からパラグアイへ渡った移民の父と、現地の母との間に生まれた。パラグアイは各家庭にギターがあるほか家族で音楽を楽しむ文化が根付き、とりわけ母は「90歳で歌の発表をするほど」の音楽好き。影響を受けて音楽大学に進むのは自然なことだった。しかし当時居住していたアルゼンチンは経済状況が悪く、音大卒業後の未来が描けない状況。「日本で稼ぎ、帰国して再び音楽を」という思いを持って1989年に訪日。神奈川県内の製造業で働きはじめた。

 ○…日本ではすぐに「居心地の良さ」を感じた。「日系人のコミュニティで育ったから肌に合ったと思う。1〜2年過ごすつもりだったが、気づけば30年も経った」と笑う。苦労したのは日本語。その頃体得した「間違いを恐れずに言葉を発することが上達の近道」というコツは、現在のスペイン語講師の職に生きている。くしくも、母親もかつてスペイン語講師だった。「日本人の父に語学を教えたのが母で、それが両親の出会いのきっかけ。不思議な縁です」

 ○…ギター片手に音楽や歌を取り入れた授業は人気。声を発しながら学べる仕組みは、これまでの経験から生み出したものだ。「東京オリンピックで、スペイン語を使ってボランティアをしたいという人も増えている。楽しんで学んでいってほしい」と声援を送った。

戸塚区版の人物風土記最新6

落合 嘉弘さん

とつか区民活動センターで不登校生の学習指導、外国籍の子への日本語支援を行う「おっちー塾」の顧問を務める

落合 嘉弘さん

茅ヶ崎市在住 72歳

4月2日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月26日号

北原 卓也さん

新型コロナの影響で小学校への納品ができなくなった野菜5トンの販売に協力した

北原 卓也さん

汲沢在勤 43歳

3月19日号

井筒 雄太さん

ご当地アイドル「YOKOHAMA男子」のメンバーとして戸塚駅で路上ライブなどを行う

井筒 雄太さん

市内在住 28歳

3月12日号

石井 正樹さん

10周年を迎えたトツカーナの管理組合理事長を務める

石井 正樹さん

戸塚町在住 55歳

3月5日号

首藤 浩子さん

小学生対象の英語教育ボランティア団体の代表としてパンケーキレースを主催する

首藤 浩子さん

品濃町在住 59歳

2月27日号

神奈川トヨタ 戸塚・東戸塚店

無料の査定クイズイベント開催。参加によって米や野菜などのプレゼントも。

https://kanagawatoyota.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第231回

    男のおしゃれ学

    「後悔するなら次に生かせ」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    4月2日号

  • 推進前提に意見公募

    〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

    推進前提に意見公募

    4月2日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク