戸塚区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する カチョ カルドーソさん 上倉田町在勤 54歳

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

ギターで南米の魅力伝える

 ○…世界5億人が使用するスペイン語。上倉田町にある「横浜スペイン語センター」の講師としてその魅力を伝えている。他方でギタリストとして活躍。南米の民族音楽「フォルクローレ」や「タンゴ」など、情緒豊かな楽曲を県内各所のコンサートで届けている。「言葉と文化の両方で南米の良さを伝えていきたい」とほほ笑む。

 ○…戦後に日本からパラグアイへ渡った移民の父と、現地の母との間に生まれた。パラグアイは各家庭にギターがあるほか家族で音楽を楽しむ文化が根付き、とりわけ母は「90歳で歌の発表をするほど」の音楽好き。影響を受けて音楽大学に進むのは自然なことだった。しかし当時居住していたアルゼンチンは経済状況が悪く、音大卒業後の未来が描けない状況。「日本で稼ぎ、帰国して再び音楽を」という思いを持って1989年に訪日。神奈川県内の製造業で働きはじめた。

 ○…日本ではすぐに「居心地の良さ」を感じた。「日系人のコミュニティで育ったから肌に合ったと思う。1〜2年過ごすつもりだったが、気づけば30年も経った」と笑う。苦労したのは日本語。その頃体得した「間違いを恐れずに言葉を発することが上達の近道」というコツは、現在のスペイン語講師の職に生きている。くしくも、母親もかつてスペイン語講師だった。「日本人の父に語学を教えたのが母で、それが両親の出会いのきっかけ。不思議な縁です」

 ○…ギター片手に音楽や歌を取り入れた授業は人気。声を発しながら学べる仕組みは、これまでの経験から生み出したものだ。「東京オリンピックで、スペイン語を使ってボランティアをしたいという人も増えている。楽しんで学んでいってほしい」と声援を送った。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://nakajima-mitsunori.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

B. Nazki(びー なつき)さん

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター

B. Nazki(びー なつき)さん

東京都在住32歳

4月8日号

小林 順子さん

第55回NHK障害福祉賞で最優秀に選ばれた

小林 順子さん

小雀町在住 52歳

4月1日号

山口 一彦さん

元昭和大学准教授で詩歌・俳句の作品集などを出版している

山口 一彦さん

戸塚町在住 74歳

3月18日号

杉本 由美さん

Zoomを活用した無料の「笑いヨガ」講座を毎週金曜日に開催する

杉本 由美さん

上倉田町在住 46歳

3月11日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

横浜市出身

3月4日号

加藤 優さん

「美しすぎる女子野球選手」として話題となり2月から区内の企業チームに入部した

加藤 優さん

GOOD・JOB女子硬式野球部 25歳

2月25日号

平成横浜病院

外来診療日が増えました!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク