戸塚区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

小雀地区乗合バス 新型車両を導入 継続のため、活用促す

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
新型車両を前する福井会長(左)、栗原さん、村石部長(右)と小雀小児童
新型車両を前する福井会長(左)、栗原さん、村石部長(右)と小雀小児童

 地元企業が小雀町内会の要望を受け運営している乗合バス「こすずめ号」の新型車両の「お披露目」が2月8日、小雀小学校で行われた。

 「こすずめ号」は2009年から運行を開始した小雀地区と大船駅東口を結ぶ乗合バス。▽住民の高齢化▽家が点在しており、既存バス停までかなりの時間を要す人がいる――など複合的な条件が重なり、同地区にとっては重要な移動手段だ。その一方、利用者の減少が打撃となり赤字路線化。運営側の申し出により、昨年2月と10月にダイヤ、運行本数とも見直しを行っている。新ダイヤでは、まず車両数を2台から1台に削減、土・日・祝日の運行中止、夜便の時間短縮に着手している。このほか、運賃を300円から400円に値上げしている。

町名からイラスト作成

 市道路局は、住民主体の地域交通の取り組み支援を実施。今年度予算でワゴン型車両を使う交通事業者に対し、車両を新たに購入する際、その代金を満額負担した。今車両はその助成金で賄われている。

 地域ではこの新車両のラッピングを計画。小雀公園の栗原砂織さんが町名にちなみ、雀をあしらったイメージ図を作成、それに小雀小学校児童が考案したイラストも盛込み、3案を用意。町内会の広報誌を通じて多数決で今回イラストが確定した。

 お披露目当日は栗原さんのほか、交通事業者・(株)共同の村石明男部長も参加。イラストを見た児童の一人は「可愛い。大船駅に出るときに乗るので親しみがわく」と笑顔。村石部長は「地域貢献として位置付けている。1日に100人乗車してもらえると運行が継続できる」と話す。福井和巳小雀町内会長は「共同さんの厚意に感謝している。今後も一人でも多くの方の利用を」と呼びかける。市道路局担当者は「住民には事業の趣旨を理解してもらい、可能な限りに乗合バスを使用してほしい」と語る。
 

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

設立5年目で全国へ

区内中学生軟式野球チーム

設立5年目で全国へ スポーツ

東日本大会を初優勝

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

一部区間、駐停車禁止に

戸塚駅西口

一部区間、駐停車禁止に 社会

区らが24日から社会実験

2月6日号

レスリング 全日本で優勝

秋葉中佐々木教諭

レスリング 全日本で優勝 スポーツ

競技歴短いなか相手圧倒

1月30日号

防災スピーカー設置進む

防災スピーカー設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月30日号

2/19家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

平成横浜病院リハビリ健康教室

2月29日(土)体力測定で自分の体の状態確認

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク