戸塚区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した 東郷 なりささん 平戸町在住 32歳

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

絵本と現実をつなぐ

 ○…柏尾川沿いなどの桜並木と自然や人のつながりを描きながら「桜の華やかさと一瞬で散っていくはかなさ」を伝える絵本『さくらがさくと』を2月に出版した。対象は小学生からだが、全世代にも見て欲しいと願いを込める。「桜が満開の時だけ人々は足を止めて見ているけど、咲いている前後も私たちを見守っていると感じるんです」

 ○…幼少期から絵本や児童文学に親しんできた。「子どもらしいファンタジーではなく、現実的なストーリーや動物、自然が出てくるものが好きでした」。次第に本の世界を体験したいと、外に出るうちに自然に興味が沸き、大学では自然科学や環境科学を専攻。その中で絵本への道は捨て難く、ついに本格的に学ぶためイギリスの大学院に留学。帰国後、自然をテーマにした作品で絵本作家としてデビューし、これまでに5作品を世に送り出してきた。「図鑑などで勉強っぽく学ぶのではなく、ストーリーがあることで自然に親しみを持ってくれれば」

 ○…戸塚区に移り住んだのは、中学生の時。そこで出会った友人とバードウオッチングに熱中し、今でも趣味として活動している。「視覚と聴覚で生きている所が人間と似ている。観察していると考えていることが分かった気がするんです」。その思いは現実を切り取った絵本での作風にも表れている。

 ○…1歳の娘と夫と散歩に出かけるのが大切な時間。「外に行くとのびのびと出来るけど、いつのまにか絵本のネタ集めをしてしまいます」と照れ笑い。これからの娘の成長が楽しみだといい、「娘をテーマに書いてみてもいいかもしれないですね」。絵本を書き続けるため、子どもの頃から養われた好奇心を武器に、新たな発見の感動を絵本にしたためていく。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook