戸塚区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

遊行寺宝物館館長として「とつか歴史講演会」の講師を務める 遠山 元浩さん 藤沢市在勤 52歳

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

終わりなき探求心

 ○…東海道藤沢宿の名刹「遊行寺(ゆぎょうじ)」の宝物館長が、戸塚区の歴史や郷土を楽しむための講演会に登壇する。鎌倉時代に念仏を唱えつつ全国を遊行した一遍上人(いっぺんしょうにん)によって開かれた時宗。その総本山であり700年の歴史を持つ遊行寺について話すほか、旧東海道や宿場町がどのように作られていったかなど戸塚エリアも含めた地域史的な観点にも触れる。「関東圏において遊行寺や『時衆』がいかに重要だったかを少しでも伝えられたら」

 ○…静岡県出身。時宗の寺の息子として生を受け、父に連れられ幼少期から遊行寺にはよく足を運んでいた。大学時代にあらためて仏教の世界観に魅了され、恩師との出会いもあり仏教美術専門家の道へ。とくに遊行寺宝物館が所蔵する国宝絵巻物「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」は一生涯のテーマだ。30代で静岡の美術館から宝物館へ籍を移したのもそうした理由から。「『一遍聖絵』は映画的なダイナミックなストーリーを読み解くのが最大の魅力で、一生かかっても終わらない」と熱く語る。

 ○…7年ほど前に宝物館の館長に就任。同館は一般人が気軽に立ち寄れる公的な美術・博物館へと全面リニューアルしており、現在は年に5回ほど各分野の企画展を開催。そのため館長として「一日24時間じゃ全然足りない」と日々汗を流す。その一方で「歴史的な美術品を後世に伝えるため、所蔵品を維持・修復し、運営する」という学芸員としてのスタンスは変わらないままだ。

 ○…写真が趣味で、その腕前はプロカメラマンも舌を巻くほど。生家となる寺の住職や大学の非常勤講師など多数の顔を持ち、座右の銘は恩師から教わった「ものをみろ」。目標は「日々研さん。いくらやっても知識不足を痛感」と、その探求心はつきない。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook